ようこそジモモパリへ!

パリ 教えて! 生活

質問:福音派?のお葬式。謎だらけ
総合参考ポイント:6 ページview:577

tkt

11日前

緊急度

フランスで初めてのお葬式、謎だらけで戸惑っております。こういうのはよくある話ですか?

長期入院中だった義父方の曽祖母が亡くなりました。
金曜日に義母から私に連絡があって、月曜日にお葬式をするを伝えられました。
でも、主人は自分だけ準備をして土曜日の朝にさっさと出て行ってしまいました。私(仏教と神道)と子供(小学生)は置いてけぼり。

主人に聞くと「来なくていいから」「子供に見せたくない」と。宗教が違うから行ってはいけない?何を見せたくないのかも教えてくれません。子供には見せない人が多いのですか?

礼服も持って行かないのか聞くと「なんで必要なの?」と。カジュアルな格好だけで出て行きました。礼服不要なのですか?

私が日本にいた時は親族の亡くなった時はまず安置所に会いにいったものですが、お葬式まで実家でゆっくりしてるそうです。こういうのが普通なのですか?
電話で主人は「なんで遺体を見ないといけないの?父も僕も心は晴れやかだから良いんだ」と言いました。末期の認知症患者の逝去は悲しさよりも安堵感があるのはわかりますが…。

私と主人は曽祖母の生前、時々お見舞いに行っていました。なのに、寂しすぎないかと。生前は賑やかに付き合いがあったのに、亡くなったらひっそり埋めるだけみたいで。

このまま、私と子供は何もせずにいて良いものかと気になります。
主人は思い出話はすれども曾祖父の墓参りもしたことがないですし、多分一度も誰の墓参りもしたことがないと思います。
後で花を送りたいと言っても「なんで?」と言われました。どうして良いのかわかりません。
回答

chat

10日前

参考ポイント:1

昨年、仏人夫側の親族が相次いで亡くなり、そのうち二度の葬儀に参列しました。
服装に関しては皆さん書かれている通りで礼服のような決まった服装はなく黒を基本とした暗めの洋服を着ていけば大丈夫です。ジーパンや花柄などの柄物、赤のズボン、チェーンのついたブーツなどを履いている人もいたり、完全に普段着の方も何人かいました。

亡くなってから葬儀まで1週間ほど時間が空くことが多く、その間ご遺体は病院だったり安置所に保管されていますが、日本のように線香を絶やしてはいけないなどということもなく、葬儀当日の最後の棺のふたを閉めるセレモニー(最後のお別れ)まで特に安置所に足を運んだりはしませんでした。

幼い子供がいますが、お葬式には子供は参列させるものではないという考え方があるようで(ショックを与える、子供には悲しすぎるなどの理由)親戚の子供(12歳の子供を含め)とともにベビーシッターや葬儀には参列しない知り合いに預かってもらいました。なので旦那様お一人で行かれたのは、家でお子様を見ていてほしいということなのかなぁと思いました。私も少し遠い親戚の葬儀には夫が一人で参列し、私は子供と家に残りました。

お花に関しては、うちの場合は特に断られることはなく、むしろみなさん積極的に贈っている感じでした。私も葬儀に来れない日本の両親からの気持ちとしてご香典代わりに送ると同時に、フランス側の遺族としてもお花とお墓の上に飾るメモリアルプレートのようなものを送りました。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

なるほど納得いたしました。
アッサリし過ぎているように感じましたが、そういうものなのですね。
主人もジーンズとパーカーで出て行きました。かしこまるよりもいつも通りの方が良いですね。
大変ありがとうございました。

zakkayamusic

10日前

参考ポイント:1

まずは故人のご冥福をお祈りいたします。

・日本のようなユニフォーム的で高価な服は着ないと思います。暗めの普段着でもいいですが、色がはいっていても困りません。

・私が経験した近親の葬式は、亡くなった後しばらく冷蔵庫で保存されており、一度、そこでお棺をあけて親族と最後の対面がありました。その後また違う日だったような気がしますが、荼毘。
一般的に、見せることも見ることもないのではないかしら。

・「花を送りたい」とき、理由など、ありません。死者のためにでも、残った家族のために、でもいいではありませんか?(お棺を土にいれるとき、お花を入れる習慣があって本人がそこにいれば、できるけれど。)理由を聞かれたら「なんで理由が必要なの?」って私はいいそう。

だんなさん、一人で出かけていかれたのは、慌ててらしたんでしょうか。
家族の方で忙しく、奥様とお子さんを、やはりそちらで放りっぱなしになってしまう可能性もありますので、それはそれで、奥様に申し訳ない、と考えられたのかもしれません。というのも、葬式のあとに会合があったりしたら、旦那さん、他の親族の相手とか、それなりに忙しいのかもしれないです。(想像です)
ほか、片づけとかあるとかかな?

「ご自分の気持ちを伝えたい」、それだけです、ということを、だんなさんに伝えてみてはいかがでしょうか。

たしかに、日本の風習と全く違うと思いますが、ちがうことにとらわれず、ああ、フランスはここではこうなんだ、と受け入れていかれることも必要かもしれません。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

ありがとうございます!
なんだか拍子抜けのような感じでしたが、今回のことは大変勉強になりました。
死の捉え方は哲学的ですね。これまでのフランス生活で5本指に入る衝撃だったように思います。

esperance

10日前

参考ポイント:1

Papipuさん
フランスは死者の日である11月2日に墓参りをする習慣が中世からあった様ですが、祝日でなく不便だと言う理由からか前日の諸聖人の日に墓参りをする人は多いです。その日は菊の花を持った人が結構多いと思います。日本のお盆のような感じです。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

ありがとうございます!

Papipu

10日前

参考ポイント:2

お葬式への想いは結構さっぱりしている印象です。
日本だと故人とのお別れで、距離も関係もやや遠くても駆けつけますよね。

私の知っている範囲だと、1親等以外はドライです。亡くなった方が高齢だと尚更。
フランス人夫は、海外在住時に祖父の死さえ知らせてもらえませんでしたよ。「悲しむといけないから、学業の妨げにならないように」と。知らされたのはフランスに帰国した時。慕っていたのでショックだったようですが、かと言ってお墓参りには行っていません。
別の祖父が亡くなった際は、私は妊娠中で無理しないで、と1人で行きました。義姉一家は遠いからと全員欠席。

服装はスーツか地味目の格好+ジャケットが多いのでは?

キリスト教は先祖信仰もないので、お墓参りは滅多に行かないようです。
5年に1回行けばいい方で、それもわざわざと言うより、墓地のある街に用事があるとついでに、と言う感じでした。

お盆や法事、仏壇等で、死者との距離が近い日本の風習とは違うと感じます。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

ありがとうございます!
慕っていた方の逝去も知らさないとは衝撃です!
実家では月参りもしていて、確かにご先祖との距離が近いですね。
主人は「曽祖母は心にいる」と言っていますが、型にとらわれずそれぞれの形で偲ぶものなのですね。そのほうが良いように思えてきました。

chocolat

11日前

参考ポイント:1

福音派のは分かりませんが、一般的カトリックのお葬式に行ったことがありますが、日本のような礼服を着る人はいませんでした。暗めの普段着ばかりでしたよ。結婚式も、招待客でジーパンの人もいますしね。私の周りだけなのかもしれませんし、上流階級とかは違うのかもしれませんけど(私は普通の一般的な家庭にいる、と思っています)。

当時2歳の子どもを連れていったお葬式もあります。

私は、義父が亡くなった際に夫ではなくて義母にすることはないか、花を送りたいと伝えました。
最初、義母も「気持ちだけでいい、いらない」と言っていたけど、私の両親も花を贈るしかできないので受け取って欲しい、と説明したところで、受け入れてくれました。

宗教の違いもあるかもしれないけど、個人個人の相手に対する思いとか、生や死についての考え方もあるのかもしれませんね。なんにせよ、「冠婚葬祭で絶対にこうしなければいけない、するべき」というのは日本よりも厳しくないな、と私は感じます。なので、あなたがお花を贈りたいと思えば、夫の賛否よりも喪主とかもっと故人に近い人に聞いてみたらいいんじゃないかな?



参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

お礼コメントはまだありません。
役に立った場合は質問者からマイページより「参考になった」ボタンとお礼コメントをお願いします。

回答する

質問:福音派?のお葬式。謎だらけ

上記の質問内容に答えられる方は、回答をお願いします。 地図掲載

地図の載せ方 ビデオの載せ方

出張整体(妊婦さんも可能です)
当方、女性施術者でソフトカイロプラティック資格を取得し、7年間日本の整体院で勤務、現在もパリ市内、及
《出張ピアノレッスン》初回無料体
小さなお子様から大人の方、初めてピアノに触れる初心者から音楽院受験レベルの上級者まで幅広くレッスン致
手作り大福/プロモ・配達無料(〜
初めまして パリでオリジナル大福の卸売を始めました。 micro entrepreneur