ようこそジモモパリへ!

パリ 教えて! 病気/病院

質問:産婦人科の私立と公立両方の通院
総合参考ポイント:3 ページview:589

すもも

72日前

緊急度


フランスでの妊娠 出産について、フランスの公立病院はエコーが数回しかなく待ち時間が長いと聞きました。
初産なので、エコーは毎月(毎週?)してほしいので私立と並行して通おうかと思っていますが、メリットよりデメリットの方が多いでしょうか?他に私立と公立両方に通っている人がいましたら教えてください。
回答

さくら

65日前

参考ポイント:0

6ヶ月以降の検診はセキュでカバーされました。
週に4回の検査のうち3回は病院に来るのは大変だからと、助産師や看護師の方がうちまで来てくれていました。
(通院している助産師さんがそいうう機関に登録してくれて)
そういった検査や、出産時の入院費などはセキュで全てカバーされ何も支払っていません。
何回かのしっかりした検査のためのエコーは、他のキャビネに行ったのでその時は支払い(公立病院のエコーは空きが少なかったため)、後から半分くらいセキュで戻ってきました。この時ミュチュエルに入っていればさらに戻ってくるそうです。
私も初めエコーの回数が少ないので心配でしたが、検査時に毎回しっかり見てくれるので安心して出産まで過ごせましたよ。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

そうなんですね。6ヶ月から全額カバーになるのですね。
通常の回数を超えても全てカバーされる、自宅まで来てくれる、などそんな対応もしてくれるのですね。
公立でもよいところがあるんですね。場所によるのかな?とも思いますが、毎回しっかりしてくれるのであれば公立でもよいですね。

さくら

68日前

参考ポイント:0

今年の頭に公立病院で出産しました。初期から出産まで公立病院の産院にかかっていました。
中期の頃、こちらの規定の赤ちゃんのサイズより小さいということで、検査の回数がかなり増えました。
2週間に一回くらいのペースでエコーを撮ってみたり、検診も週に1回(そのときも簡易のエコーで経過を見ていました)。他にも検査がいろいろ。。。というように。
これが出産まで続きました。
結局出産したら何も問題なく、あくまで念のために。という検査だったようです。
公立でしたがかなり細かく、親身に対応してもらえました。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

さくらさん無事にご出産おめでとうございます。何も問題がなく結果的にはよかったですね。公立でも場合によるということなんですね。
さくらさんのその費用は全額戻ってきましたか?

zakkayamusic

71日前

参考ポイント:1

だいぶ前の話で恐縮ですが、私の場合、個人キャビネの医師へ通い、彼が紹介する病院へ行きました。大事なエコーは、同じ先生が務める公立病院で。出産はその先生が務める私立で。キャビネでは、よく待たされました。「出産がはいったのでかけつける」こともありました。私自身の出産は真夜中すぎでしたが駆けつけてくださいました。
いろんなケースがあるのかもしれません。あまり不安がらずに過ごせるといいですね。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

貴重なお話をありがとうございました。
どちらがよいのかは人によりますもんね。どういう形態が可能なのか先生探しも含めて検討してみます。

g

71日前

参考ポイント:1

フランスの妊娠出産の面倒で合理的なシステムで、初期から中期だと、それこそ産院にはかかれず基本的にジネコの担当になります。
なので、そのジネコのキャビネにエコーがある必要があります。
こちらの掲示板等で自宅近くで該当する医者がいるか聞いて見られた方がいいと思います。
また、そのジネコが初診の場合、人気だと中々新規で予約を受けてくれない場合もあるので、事前に動いた方が良いです。私は妊娠発覚後に引っ越しし、新住所付近のジネコが3ヶ月先(1回目のエコー時期より後)まで予約が取れなかった事があります。幸い、元の居住地でかかっていたジネコ兼産科の先生がいたので、それまでは遠くまで通いました。

出産する産院へは6ヶ月以降に行く事になります。
ただ、人気の病院は妊娠確定後に直ぐ出産仮予約をしないといっぱいになってしまうので、そこも注意です。特に公立。後でキャンセル出来るので、先ずは予約。
私立も、ある程度のミュチュエルならほぼ全額カバーされます。公私共に個室代が別途かかる感じです。
また私立は、診察やエコーが都度、保険カバーのセクター1より高いので、6ヶ月以降も常に一旦全額清算がありました。後で返ってきます。その点、公立は清算不要です。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

とても詳しいフランスのシステムと細かい情報を教えて頂けてとてもためになりました。なかなか小さなことでも聞けなかったり、知らないことが多いので有難いです。
私立でもだいたいカバーされるのであれば視野に入れてみます。
ありがとうございました。

g

71日前

参考ポイント:0

第一子を私立、第二子を公立で出産予定です。
私立の大きな病院で、婦人科と産科の両方担当している医者だと、病院外のキャビネにもエコーがある場合が多く、妊娠初期から毎月簡単なエコーを見られます。また、急な呼び出しがなく病院より混まないので良いですよ。
公立は、病院内のエコーではなく、処方箋を貰って外部で別途自分で予約するケースもあります。基本的に妊婦用のエコーは医者の処方箋がないと受けてくれないので、回数は増やせません。

個人的な感想ですが、公立は各検査等(入院手続、産科検診、エコー、産後の助産婦の自宅派遣)が分離発注で産科の先生も毎回違ったりして、私立の方が総合的に院内で全て手配可能で分かりやすく、1人の先生にずっとフォローして貰えて楽でした。

公立と私立両方に行くのはあまり意味がないかと思いますし、6ヶ月以降はセキュリテソシアルのカバーもあるので、制度的にも難しいのではないでしょうか。

ちなみに、毎月エコーがなくても、心音は聞かせてもらえるので、そこまで不安にならずに過ごせますよ。それより、通いやすく評判が良い病院を選ぶ方が良いと思います。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

gさんご意見ありがとうございます。システムが色々ややこしそうで大変そうですがお話が聞けてよかったです。参考にさせていただきます。
容態が不安定な中期までは定期的なエコーをしてもらいたいなと思っていまして、安定期に入ったら公立か私立どちらかにしようかと思っていました。
ミチュエルでカバーできるのであれば私立がよいですが、できなければ公立で出産になるかと考えています。

レイラ56

72日前

参考ポイント:1

昨年パリの私立産院で出産した者です。エコーは毎月の検診ごとにしてもらっていました。ただ私立病院だから毎回エコーが必ずあるわけではありません。私立総合病院でエコー施設が院内にあるところもあれば、私立産院などはそこで勤務している産科医が個々にキャビネを持っており、出産までの検診は産院ではなくキャビネで、出産及び入院のみ産院と分けられていたりもします。そして担当の先生がキャビネにエコーの機械を持っているか否かででエコーを毎月してくれるかが決まります。
おっしゃる通りフランスの公立病院は基本的に妊娠期間中のエコーは3回のみなので、初産だと少々不安は気持ちはお察しします。エコーを毎回してもらいたいのなら、それを条件に病院、産科医をお決めなったらいかがでしょうか。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

レイラさんご回答ありがとうございます。
全ての産院にエコーがあるとは限らないんですね。知りませんでした。教えてもらえてよかったです。私立でいくつかの先生がいる場合はエコーがあるか聞いてみます。
回答する

質問:産婦人科の私立と公立両方の通院

上記の質問内容に答えられる方は、回答をお願いします。 地図掲載

地図の載せ方 ビデオの載せ方

Beautician/Naili
Pour l'ouverture d'un nouveau salon, nous recherch
5区で声楽・ヴォイストレーニング
5区リュクサンブール公園近くのアトリエにて、 レッスンしています。 話し声をよくしたい方に
50€/泊〜パリ中心短中期貸しオ
パリ中心短期貸しアパート(1名から4名まで宿泊可能) 18世紀建物、治安良し 交通便利 管理人在住
海外で日本のテレビ「LiveCa
世界40カ国以上業界トップシェアのLiveCaは今までも、これからも進化を続けます【海外で日本のテレ