ようこそジモモパリへ!

パリ 教えて! 住居

質問:家具付き物件の定義
総合参考ポイント:8 ページview:846

家探し

225日前

緊急度

こんにちは。
今月から新しいアパートを契約しました。コントラには家具付き物件で、必要な家具は全て揃っていて、それプラス電子レンジ2台、洗濯機、食器、洗い場、テレビがあると書かれていました。
そこに冷蔵庫、マットレスの明記はなかったのですが、この2つに問題があります。冷蔵庫は閉まらなく、マットレスは茶色大きなシミがあり、触るとバネを感じることができ、とてもではないですが、そこで寝る気にはなれません。
そのことを大家さんに電話で話したら、来週中に見に来てくださるそうなのですが、マットレスや冷蔵庫を買い直してくれる気はあまりなさそうです‥

どちらも生活に最低限必要な家具だと思うのですが、家具付き物件とコントラで書かれている以上、家主は負担が必須になりますか?それともコントラにマットレス、冷蔵庫と明記されていないので必要ないでしょうか‥(一通り家具は揃っていると書いてありますが‥)
ちなみに他にコントラに明記されていなくてついてる家具は座ると木枠が感じるお尻が痛いソファ、棚2つ、壊れかけの本棚、掃除機です。
もし大家さんが買い替えを拒否したら、家具付き物件とは言えないと申し出、家賃の減額を要求することもできるでしょうか。(もうコントラも結んでるので難しいと思いますが‥)

どなたか上記に関して詳しい方からご助言をいただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願い致します。
回答

yumalillois

223日前

参考ポイント:2

いろいろと状況がややこしく、専門家ではない一般人の知識内での話ですので、参考程度に。
1)今のアパートに関して
今の契約書を家具付きの契約書として保持するのであれば、プレアヴィは1か月です。これは法律なので、契約書で3か月というのは法的におかしいです。これは書き換えてほしいと要求するとか以前に、法的にアウトであるとはっきり言って、1か月として書き換える必要があるという必要があります。
もし、冷蔵庫、ベットの件を考慮し、家具なし契約にすると確かに契約書は3年になり、プレアヴィは3か月になります。ただ、パリを含め、大都市では家具なしでもプレアヴィを1か月にできるというloi ALUR法律ができたと記憶しています。多分、契約書では3か月になりますが、プレアヴィを出すときに、手紙内に、「XXXという法律をもって、プレアヴィを3か月ではなく1か月にする措置を受けます」と通知する形になるかと思いますが、実際にこの新しい法律の使い方は詳しく聞いたことがありません。(参考 http://www.lemonde.fr/immobilier/article/2016/03/24/location-maitriser-les-regles-du-preavis-lorsqu-un-logement-est-quitte_4889664_1306281.html)。ここはしっかりと専門家との確認が必要ですが、パリ市内であれば、もしかすると家具の不備を訴え、契約書を家具なしに変え、契約3年+プレアヴィを1か月のままにできるかもしれません。
2)前のアパートに関して
回答の中で、「前のアパートも1年契約のプレアビ3ヶ月なので、家賃の2重払いに苦しんでいます」とありますが、大家側の売却によるプレアヴィは3か月ですが、大家からプレアヴィを受けた住居人はプレアヴィなく、いつでも退去してよく、払う家賃は実際に住んだ期間のみを支払うということができた記憶があります。
こちらの法(https://www.legifrance.gouv.fr/affichTexteArticle.do?cidTexte=JORFTEXT000028772256&idArticle=JORFARTI000028772483&categorieLien=cid)の中に、こう明記してあります。
「Pendant le délai de préavis, le locataire n'est redevable du loyer et des charges que pour le temps où il a occupé réellement les lieux si le congé a été notifié par le bailleur.」(大家側から退去が通告された場合、プレアヴィの期間の間は、住居人はその住居に実質的に住んだ期間のみ家賃とチャージを支払う義務がある)
この解釈としては、大家側からプレアヴィを出されたら、住居人は退去したい時に退去してよく、その際には実質的に退去し、鍵を返すまでの期間分のみ支払うということです。(解釈に関して詳しくはhttps://blog.locservice.fr/locataire-respecter-preavis-apres-conge-donne-proprietaire-3800.html
いろいろと問題点があるようなケースっぽいので、交渉で解決しないようであれば、やはり専門家に相談が必要かと。



参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

詳しくご回答くださり、ありがとうございます。前の家についてですが、契約書は1年更新の3か月前に退去通知を、と書かれてあり(昔市販されていた契約書のようです)私の契約が8月いっぱいまでのため、5月頭に次も更新できるのか大家に確認すると、できないとの返答だったので、少しでも家賃を払わなくて済むように慌ててプレアビをだし、8月14日までの日付で先月出しました。(大家さんからプレアビはもらっていないので、これもいけなかったですね‥)法律上は1か月となっていると交渉してみます。
また、新居についてですが、こちらはフランス人と共同名義で借りました。このプレアビの話を同居人にすると、契約書に何も明記がないときだけプレアビは1か月であり、3か月と明記されているものにサインをしてさまったのだから3ヶ月だといって聞きません。。なので、こちらはまだ住み始めたばかりなので、専門家をさが探して同居人、大家双方に納得してもらうようにします。

また、今日大家に会うことができました。
冷蔵庫は大家負担で、マットレスは私達負担で退去時に置いていくということで決着がつきました。(大家に言わせればマットレスはどんな状況だろうが存在するからだそうです。。そして、それを保管するカーブもないので、廃棄するため、自分たちで購入します。)とりあえず、とりあえず住める状態になりそうです。
ご回答くださった皆様ありがとうございました。

VICCA

224日前

参考ポイント:2

入居されて、1週間以内なら、ETAT des LIEUもINVENTAIRE(備品リスト)も時間がかかるので時期的に遅すぎはありません。
取り敢えず、酷い状態のは何枚も写真を撮る事をお勧めします。退去の際家探しさんが壊したのでないという事を証明する為にも
大家のメルアドに送っておければどうでしょうか?その上で扉の閉まらないのは初めから、マットレスは耐久性がもうリミットであり
冷蔵庫の買い替えと、マットレスの買い替えを要求して良いのでは、どちらも家具付きなら使用できる状態の物を提供するのが本来とおもいます。ETAT des LIEUには台所の欄にFRIGO mouvaisと入れて、備考にporte の状態を書かれるのが良いと思います。
マットレスはETAT des LIEUには書けないので、リストに書き込まれたらどうですか? その上でお互い確認して、買い替えてくれないなら
引き取ってもらい、自分で新しいのを買うということです。確かにリストには状態を記入する所はありません。プレアヴィは通常家具付きは
1ヶ月前に書き留めで知らせる、契約書は1年間、家具無しの場合は最低限3年の契約書。プレアヴィは契約の切れる3ヶ月前までに書き留めで送るというのが基本です。但し、サインをする所に特記で3ヶ月前と書くことは出来るのでは?1年の契約にそんな前というのは考えられないですが、、ただ、病気、失業などの理由で1ヶ月前のプレアビで退去は法律上認められてるはずです。その証明書を出せば。
買い替えても家主は家賃収入から引けるので、まともな家主ならかいかえてくれるはずですが、揉めるとどうですかね、引き取ってもらい綺麗なのを自分で買ったほうがとどなたかのアドバイスのように後でジモモで売ればどうでしょうか?今売りにも結構出てますし。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

丁寧なご回答ありがとうございます。家具付き物件でプレアビ3ヶ月はなかなか辛いです‥今月から契約しているアパートの前のアパートも1年契約のプレアビ3ヶ月なので、家賃の2重払いに苦しんでいます。(前のところの退去を売却の理由によら、大家に要求されての引越しです)毎年契約終了4ヶ月以上前からまた契約できるかいちいち確認し、落ち着いていられない感じをまた繰り返すのかと思うと少し億劫です。新居の大家さんが忙しすぎて昨日電話するといわれましたが、今朝になるそうなので、早めに来ていただけるようにお話します。揉めないようにというのにも気をつけたいと思います。

yumalillois

224日前

参考ポイント:2

専門家ではないですが、経験、聞いた話とネットの情報をもとに。
先の回答にある通り、冷蔵庫とベットは家具付き物件の必要条件になっています。
こういった類の話で一番大切になるのは大家さんが物わかりがいいか悪いかですので、そこはお気をつけてください。
家具付きの条件に関してですが、家具のリストは出ていますが、家具の品質などに関して詳しく出ているわけではないです。家具別での判断になるかと思います。
「冷蔵庫」:扉が閉まらないのであれば、中の温度が保てず冷蔵庫として機能しないのでこれは違反として問題ないかと思います。物わかりがいい大家であればすんなり行くかと思います。ただし、問題となるのが、その扉が閉まらない原因および発見時期です。契約書およびétat de lieuxに冷蔵庫の記載がなかったとのことで、入居した時には問題なかったと大家が言い張る可能性もあります。また、霜が固まり扉が閉まらないのであれば、電化製品の清掃/保全であるentretienに入る可能性があり、入居人の責任という言い張る可能性もあります。(本来は入居する前のチェックの際に確認し契約書に明記するべきでしたが、)今の現状では大家側の対応にかなり依るかともいますが、明らかに壊れていて閉まらないのであれば、要求は通るかと思います。
「ベット」:こちらはもっと難しく、マットレスの性質に関する詳細は法では決められていないので、大家側がこれは使用可能であると言い張ると面倒なことになります。茶色いシミもクリーニングに出して残っているがマットレスは清潔であると言われる可能性もあります。明らかに清潔でないなどの可能性を除いては、大家側の反論の余地が高い気がします。

大家側が拒否をした場合、家具付き物件とは言えないと申し出ることは可能です。契約破棄ができるかはわかりませんが、いわゆるrequalificationという、家具付き物件を家具なし物件として再認定させることができます。再認定を受けると契約書が家具なし物件となりますので、契約期間が3年になり、強制退去等の手続きが複雑化し、入居人の保護が強くなると言っていいでしょう。
家賃の減額に関してですが、交渉次第ですが、もしかすると、家具なし物件になることで、パリ市内での家賃規制encadrement des loyersの上限を超え、超過分を下げるよう申請できるかもしれません。(家賃規制では、家家具付き物件のほうが家具なし物件のほうが規制された家賃が高いので、再認定を受けることで低い方の上限家賃を適応することが可能になります。)こちらでお調べください。http://www.referenceloyer.drihl.ile-de-france.developpement-durable.gouv.fr/
もし、この家賃を越えていない場合は交渉のみになるかも知れないです。

注意する点としては1)大家側に誠意があれば、すぐに交換してる(交渉の際に、今一度替えれば、次の契約の際にもいざこざがなく長期的にプラスであると説得)、2)大家側に誠意がなく敵対してきた際は再認定等の手続きも含め非常に面倒くさいこと。

奇抜策としては、冷蔵庫とマットレスだけは、自分で買って、(交渉する必要はありますが)壊れた冷蔵庫と使えないマットレスは大家に引き取ってもらうこと(もしくはcaveがあれば梱包して入れておくこと)。大家には、次の契約者に使いたいのであれば、使ってもいいが、自分は使いたくなく、契約書にも記載されていないこの家具は必要ない。買い換えたくなく、いざこざが嫌であれば、引き取ってもらいたいと交渉。新しい冷蔵庫とマットレスを購入するお金も気もない場合は、jimomoもしくはleboncoinで中古で安く購入し、アパートを出るときに同じく売り払う(中古購入値段の一割引きくらいでまた売れば最終的にはほとんどプラマイゼロ、初期投資というイメージ)

一応、見に来てくれるという大家なので、まだ対話できそう(?)なので、一番いいのは、今の状況が法的にアウト、もしくはギリギリであり、長期的に見ていざこざを避けるのであれば買い換えるのが本人に取っても最良であると説得することです。うまくいくといいですね。

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

大変役に立つ回答ありがとうございました。大家さんは、本業が忙しすぎてなかなか自分の物件にまで手が回らないようです。etatde lieuxも私達を信頼するから自分たちで記入しておいて、あとで一緒にサインしようと言われ、今事細かに書いているところです。
家具付き物件と契約書に明記されているにも関わらず、契約書にはpreaviは3ヶ月前までと書かれていました。私達もそれでサインをしてしまったのですが、法律に沿って1ヶ月前までにと契約書を書き換えてほしいという要求は通るでしょうか‥
たくさん書いて下さり、更に質問するのは心苦しいのですが、もしご存知でしたら、ご教授くださるとありがたいです。 どうぞよろしくお願い致します。

marie

225日前

参考ポイント:2

http://droit-finances.commentcamarche.net/contents/1538-location-meublee-regime-juridique#mobilier-obligatoire
に下記の記載があります。

La liste des éléments que doit au minimum comporter ce mobilier est fixé par le décret n° 2015-981 du 31 juillet 2015. Depuis le 1er septembre 2015 (date d'entrée en vigueur du décret), le mobilier d'un logement meublé doit au moins comprendre les éléments suivants : une literie comprenant couette ou couverture, un dispositif d'occultation des fenêtres dans les pièces destinées à être utilisées comme chambre à coucher, des plaques de cuisson, un four ou four à micro-ondes, un réfrigérateur et congélateur ou, au minimum, un réfrigérateur doté d'un compartiment permettant de disposer d'une température inférieure ou égale à - 6 °C, une vaisselle nécessaire à la prise des repas, des ustensiles de cuisine, une table et des sièges, des étagères de rangement, des luminaires ainsi que du matériel d'entretien ménager adapté aux caractéristiques du logement. Voir Location meublée : liste du mobilier obligatoire.

冷蔵庫は家具付物件の必要条件になっていると思っていいと思います。
大家さんが修理するか買い替えないとだめだと思います。
ベッドがあるならマットラも当然必要条件になると思いますし、使用に耐えない(清潔でない)ような場合はそれなりの対処をお願いできるはず。

他のものでも上記に書かれているものがない、あるいは使用に耐えないという場合は、
大家さんと交渉してみるべきですね。
大家さんが拒否した場合は、契約を破棄することはできると思います。
ただし、そういう(きちんと家具をそろえていないような状態で入居者と
契約してしまう)大家さんは、契約を解消するというと、いろいろ難癖を
つけそうな感じはしますが。(保証金を返さないとか、プレアビがいるとか。)

参考になったと思われる方はクリックしてください。

回答者へお礼コメント

役立ちました

ご回答ありがとうございます。
教えていただいたページを印刷して、大家さんに会うときに見せられるようにしたいと思います。
回答する

質問:家具付き物件の定義

上記の質問内容に答えられる方は、回答をお願いします。 地図掲載

地図の載せ方 ビデオの載せ方

《出張ピアノレッスン》初回無料体
小さなお子様から大人の方、初めてピアノに触れる初心者から音楽院受験レベルの上級者まで幅広くレッスン致
料理人・パティシエ募集
パリ10区のレストランabriで料理人もしくはパティシエ業務が出来る方を探しております。未経験者の方
巴里塾 1月からのレッスン予約受
☆日本語で学ぶ うまく通じるフランス語☆ パリオペラ地区 【
11区短中長期 530€/月 家
パリ11区 9m2スチュディオ  1月1日入居可能 11区のパリっ子に大人気の界隈です。マレ・
50€/泊〜パリ中心短中期貸しオ
パリ中心短期貸しアパート(1名から4名まで宿泊可能) 18世紀建物、治安良し 交通便利 管理人在住
オシャレstudio 60€〜/
メトロから徒歩2分、静かで治安の良い地区にあります。リピーターの方も多く、初めてパリにいらした方から