ようこそジモモパリへ!

Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

11時間前


こんにちは、


気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー『Kiraméki』です。



木曜日は昇天祭の祝日、金曜日はポンでお休みで、4連休のパリ近郊です。



お天気も最高で、テラスで食事が楽しい良い時期です〜



ホントに貴重な太陽!



そんな気候の街を歩いていて、目に留まったパリのブティックの"色"、


{EA70A904-E339-487E-8197-F77125286CF5}


それはイエローとグリーン。



アニエス・ベーのウインドウには、黄色や緑色のコーディネートでディスプレイされています。



{0C394A52-D73C-4BED-B77E-0F5675FD3B64}


フランスでは"あまり見ない色"と認識していた"黄色"でしたが、


(自分の好きな色だけど、以前は黄色の服が手に入り難かった。。。)



昨年秋頃からこの黄色は多く出回っていて、選択肢が増えて嬉しい。



私のような"黄色が" ma couleur "=「自分の色」の人は、この時期が買い時なのかもしれません。



ピンク系のフランス人の肌より、アジア系の黄色味の肌の人の方が似合うと思うのです。。。


{FCD84501-83A4-4430-9483-228CF1EAF35D}


前回のサロンでも、確かにグリーンやイエローが中心に売れていました。




フランス人女性は、自分の色を持っているので、似合う色だと決断が早いのですが、



逆に流行だからと言うだけで飛びついたりしない、そんな特徴があります。



私は黒は着ない、だとか、それぞれ色について大変なこだわりが有るので、接客をする際には、その時着ている服装が自分色を知るのに役立ちます。



時には、スカートやストッキング、バックに至るまでブルーを身に付けたマダムがいたり。。。



言わずもがな、ブルーの品を紹介。




また、フランス人のお客様が贈り物をする際には、「あの彼女は栗色の髪で、目はグリーンだから、この色が合う。。。」と色について、良く良く検討して購入されます。



それだけ色を重要視しています。



なのでフランス人女性の色の好みを知ることは、売り上げをも左右すること。



街に出たら自然と色リサーチしています!


5日前


こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー『Kiraméki 』です。

 

 

 

先週末に行なわれた2016-2017年度最後の"Fête "子供たちの学校のお祭り。

 


{7FF28E51-1C97-41F9-8FD5-36370FB27D30}


森の中のような校庭には、昔のシャトーがそのまま残っています。


{2E1874FD-18E5-4F6B-9A77-106B0EB699DB}


イギリス、ドイツ、アメリカ、ポルトガル、イタリアなどなど15カ国の言葉と、フランス教育が受けられるこの学校。


Fête (お祭り)の時も、各国の名物料理やお菓子が楽しめます。


{1D1D0997-7763-4954-BD3A-C4FC501F54F3}


イタリアのパニーニやピザ、
なんとお父さん達がお手伝いしている〜


{D4BABB94-A22D-4A26-8AEA-9158B3CD45CE}


私は早朝から、日本のスタンドで販売する唐揚げ丼作り^_^



{ED9A0252-0F99-4051-BDA5-0B8831061AF9}


日本から、この日のために運ばれたスーパーボール。



こちらの子供たちは、やったことがないので、座りもせずに高い位置から大胆に手を水の中に!


観てるの面白いです。。。



{738C22E8-84B8-44B2-8D77-56926C2EB72A}


中国の扇の舞など。



私は見れなかったのですが、日本セクションは剣道のデモンストレーションを披露。


{A79DB41F-60A9-40A8-A88F-F749ABD09A88}


やっと名前が覚えられた、大好物のこのお菓子「アルファジョレス」^_^;



バターたっぷりのクッキーに、濃厚キャラメルが挟まれています。



{DFF9700E-FEB4-45D6-990B-53AD554D26F3}


そして忘れずに購入するのは、校庭で養蜂されたハチミツ!


まろやかな味わいのとっても美味しい、先週採れたばかりの巣蜜を試食させていただきました。



ハチミツは殺菌力があるので、虫歯も防ぐんだよと、養蜂家のムッシュに教えてもらったり。。。



{5F4CE27A-8C96-4433-8C94-7CB1D84D9661}


そしてKiraméki はこんなネックレスを、トンボラの景品に提供しました。



誰の手に渡るのか分からないので、一般受けしそうな品を。。。


スワロフスキー、クリスタルカラーをグルーデコで製作。



喜んで貰えると嬉しいです。。。

 

にほんブログ村 パリ情報

5日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー、『Kiraméki 』です。

 

 

昨日の土曜日のフランスは、「Nuit des musées 」夜から真夜中にかけて、誰でもチケット無しで入場することが出来る日でした。

 

 

昨年のトワルド ジュイ美術館

 

 

何年かぶりにヴェルサイユを訪れました〜

 

{868BF225-2EB7-4A84-BE8F-3BBA70DE5ED4}

 

昼間と違って、夜から入場する美術館って、なんてワクワクするのでしょうか!

 

 

いつも大勢いる観光客は少数で、どちかかというとフランス人家族やカップルが多かったように思います。

 

 

 

無料入場時間は、19:30〜1:00まで。

 

19:30頃門をくぐって、待つこと40分、友人達と話していればあっと言う間に荷物検査へ。

 

 

{1FBBB04C-DFC4-4DC4-AFAC-8ED49359A65D}

 

「ようこそ」

「パンフレットは何語にしますか?」と尋ねられて、

 

 

最初「じゃあフランス語!」と言ったのですが、

よく見ると日本語もちゃんとありました。(^^)

 

そして音声オーディオガイドまで無料で貸し出してくれました。(日本語有り)


{818568F6-8B88-4F5E-8ADA-89770B6DC84C}


太陽王ルイ14世の命によって描かれた、太陽神アポロン。



{274CD8F9-95CA-4CA1-9D0C-96DBD26F93E3}


圧巻です。。。鏡の間。

(こりゃフランス市民が怒ったのも、無理ないな。。。)



気づくといつも、シャンデリアばかり見てたような。。。^_^;



しかもクリスタルの細かいパーツに惹きつけられる〜!


{8200878F-124D-48D6-8C90-4C05FD4AA353}



王が食事をしていたサロンのシャンデリア

ちょっと控えめな印象。



{430190EE-3AA4-49F7-A559-F2C3E6D4F7A5}



夏の間には、城内でこの時代の衣装をまとった人々が舞踏会を催すのを見る事が出来ます。
(要予約です。)

その後花火が上がるようですよ〜



一度是非観てみたい!!






宮殿のすぐ正面にある、「Les écuries royales 」王室の厩舎(煌びやかな国王の馬車や時々乗馬している風景が観られます!)

も覗いてみたかったのですが、最終バスに乗り遅れるので次の機会に。



残念ながら今回は、大好きな庭園には入れませんでしたが、

(テロ警戒と言う意味で、広すぎて、きっと夜中まで警備しきれないのだと思います。。。)

 

 

"Nuit des musées "日も長くなってお出掛けが楽しいこの時期に、パリにいる方にオススメのイベントです〜 

 

 

パリnuitdesmusées情報サイト 

 

にほんブログ村 パリ情報

6日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー『Kiraméki 』です。

 

 

 

あわただだしい今週でしたが、16区Passyにあるサトンドテ山茶花さんで、グルーデコ体験レッスンをさせていただきました。

 

 

 

このブログを見て来て下さって、とても嬉しかったです!

 


{9199657F-FCF1-425A-8557-F39850F1803E}

体験レッスンのロンデルは、スワロフスキーを置く位置が360度なので一見難しそうですが、



初めての方にもチャットンの個数も多すぎず、直線に並べる基礎練習が出来ます。



この三列が綺麗に並んでいないと、後で目立つのですが、

 

今日のお客様は、しばらくするとコツを掴んで、丁寧に配置して下さいました。

 

  

シンプルなクリスタルのほか、パールとミックスしたり、

 

 

ピンク系や、ブルー系のお色もご用意しております。

 

 

フランス在住のアクセサリー作りの好きな方々に、喜んで頂けると嬉しいです。

 

 

グルーデコだけでなく、ピンワーク中心のメニューもキット作成中です。

 


ペンチやヤットコが有れば、パリで手に入る材料で充分手作りが楽しめますよ〜

 


贈り物にも、きっと喜んで頂けることと思います。

 

 

ご希望の方には、便利なパリのアドレス(材料小売している店)や、ネット購入サイト、梱包材料店もお伝えしています。

 

  

お客様と行く、パリビジューツアーも楽しいかもしれませんね!

 

 

{8CB74995-0A3D-4435-A23C-460D4A27291B}


サロン ド テ 山茶花さんで、通常レッスン後に美味しいお食事を頂いています。



{AD10723E-E1FC-4B2E-9C13-3689262D7D77}

このお店の大福は最高!!



 アトリエグルーデコのお問い合わせはこちらからどうぞ!





8日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー、

『Kiraméki 』です。



先日17日締切の税金申告を済ませて、2016-2017年度も残すところわずか。



4月が始まりの日本は3月末に確定申告があるように、フランスは5月にあります。



もうすぐKiraméki は、、フランスで個人起業登録をし、初めての展示会に参加して4年目となります。



時が経つのは早いです〜



そして秋冬のサロンをオーガナイズするために、友人とパリのブティック見学をして来ました。



 安心して夏休みを過ごすために、今押さえておかなくては。



特にノエル前と、ファッションウイーク中は、パリのポップアップストアの予約が取りにくいのです。



{E0A7B251-4DBF-43E9-948E-0DAEFB6FF55C}


バスティーユに近いこのブティック、普段は可愛い雑貨屋さんですが、一週間の短期貸しもしているそう。



夏頃に出展してみたい、マルタン運河沿いのブティックなど。



自分たちの理想と現実に折り合いをつけて、譲れないポイントを確認して進めます。

 


 何軒か訪れて、その後友人アーティストのヴェルニサージュに顔を出しました。


{0DD9FCFE-C679-4553-B3FB-BBF41E483560}


ロイヤルブルーのカシュクールワンピース、試着したら私にぴったり!(笑)



{7AF71595-4243-4C82-AA58-AE9C00BE0330}


オートクチュール刺繍と、染色、丁寧な手仕事に創り手のアイデンティティが表れていて素敵でした。。。



こんな一点物に弱いです。。。


Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

作者:Kirameki

Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

パリ近郊で、ヨーロッパビーズやスワロフスキーのアクセサリーを製作、販売しています。グルーデコ®のアトリエも毎月開催中。

7日 313 総合 22 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Kiramekiさん新着記事



過去記事

Kiramekiさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 グルメらくがき帖(フランス発信)
3位 フランス美食村
4位 パリ6区サンジェルマン村
5位 フランス落書き帳
6位 パリ美容室・美容院
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 PARISの暮らしのあれこれ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録