ようこそジモモパリへ!

Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

5日前


こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のための

スワロフスキーのビジュー、

『Kiraméki 』です。

 

 

 

パリ近郊で約1週間ほど続いた" Canicule "=猛暑ですが、ある街のサイトで市民に注意を促していたので、読んでいました。

 


 

数年前の猛暑時に、大勢お年寄りが亡くなったということ、日本に比べれば通常涼しいフランスの夏でも、気候の変化に添った注意が必要ですね。

 

 

 

⑴身体を濡らして扇風機などで扇ぐ。

 

⑵家の中を涼しく保つために、昼間はシャッターを閉める。

 

⑶身近な人に連絡する。(元気だという事を知らせる。)

 

⑷充分な量の食事を摂る。

 

⑸アルコールは飲まない。

 

⑹肉体的努力を避ける。

 

 ⑺定期的に水を飲む。

 


ちょっと日本で言われている事と違う内容で、面白いと思ったのが、アルコールを摂取しない??

 

 

これは初めて聞きました。

 

 

お酒に強いフランス人が、暑い日に飲まずにいられるのでしょうか??(笑)

 

 

気温の上昇を防ぐ為に雨戸を閉めることは、フランスでは普通にしていることですが、

 

 

 

そう言えば日本では、便利な遮光カーテンなどのお陰で、あまりしない事かもしれません。

 

 

とにかくまだまだエアコンがない家や、(うちも扇風機だけ!) レストランが多くて、室内に入っても全然汗が引かない!

 

 

バスやメトロの中はサウナ同然。。。

 

 

多少風の通る炎天下を歩くか、少しの時間短縮にサウナバスに乗るか、毎回迷います。。。

 

 

とはいえ、今日から10度は気温が下がるのとの事で、バテる前に涼しくなりそうですけどね。(^^)

  


全く暑くない夏も寂しいものです。


 

ミニハンドタオルの存在もないし、ハンカチ自体持っている人は少ない。


(ハンカチで鼻をかむおじさんはいる。)



扇子もみんなが持っていないし、日傘さしてる人は見たことないし、とにかく猛暑にまだまだ対応していない感があります。

   


暑い日には、無理は禁物!



日陰を探して歩きましょ〜 


 

{47B21F85-98A9-46EC-BDA7-B87AD3F515C9}


にほんブログ村 パリ情報

6日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のための

スワロフスキーのビジュー、

『Kiraméki 』です。

 


 

今年の6月はサウナのような暑さのパリ、こんなに猛暑が続くのは珍しいです。。。

 

 

さてさて夏至の今晩は、" Fête de la musique "音楽の祭典でした。

 

{4A32EB43-C781-419A-870F-FDFF558FC4F7}

 

街の至る所から大音量で音楽が流れててきます。

 


1つ感じた事は、アマチュアでも上手な楽器の奏者はけっこういるけれど、良い歌い手は滅多にいないということ。




各地域にコンセルバドワールが存在して、誰でもプロから楽器を学べる環境にあるからでしょうか?




歌い手は、カラオケ文化の日本の方がいい人がいるんじゃないかな!?



{AFD95AF4-E2EF-45F5-9D99-84F82C71A1B9}



ボブマーリーのバンドのお隣では、メタル、その又さきではテクノが聴こえてきます!


  

{03350CD2-0918-4272-ACD9-FB8BA9F0F088}


子供たちから、若者層、おじさんおばさんまで、お気に入りの音楽の前で踊りまくり。。。

 

 

知らない同士もその場で意気投合したり。^_^

 

 

こんなラテンの血を、この日ばかりは羨ましく思います。

 

 

今更ながらに、こんな活気ある街だったのだなぁと思ったり。

 

  

一年で1番短い夜のひと時、目一杯楽しむ人々を見て、



いろいろ大変だけれど、フランスって良い国だなと思うのです。

 


 楽しく生きる事を実践する人たちから、心のゆとりを感じます。 

 


人生楽しんだ者勝ち!(^^) 

 

にほんブログ村 パリ情報

9日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のための、スワロフスキーのビジュー『Kiraméki 』です。

 

 

 

今週は毎日のように刺繍の学校に通っていました。

 

 

昨年末に開催された、"Salon métier d'art "に足を運んだ時に、

 

 

パリ郊外にある服飾の職業訓練校の生徒が実演していた、クロッシェ ド リュネビルを見て以来、

 

その美しさ、繊細な手仕事に魅了されて、 

 

 

是非マスターしたい!と刺繍のことばかり考えていました。^_^

 

 

そしてやっと、その日がやって来たのですが、

 

 

初日は、上手くコツが掴めずに深い挫折感を味わいました。。。

 

 

習いたてのピアノが弾けないように、手が思うように動かない。。。

 

 

先生のなめらかな動きは、まるで魔法のようでした。

 

特にパイエットを送り出す左手!

 

どうやって薄いパイエットの一枚二枚を見分けているのでしょうか??

  

 

お隣の生徒さんに励まされながらも、作品を仕上げたい、ただその一心でリズムを掴んでいるところです。。。

 

{71560634-E020-4462-AA84-FEFC11B1DC20}

 

 

 

 シルクオーガンジーの上に、クロッシェという極細のかぎ針で、パイエットやビーズを付けて行きます。

 

 本来なら、刺繍針で縫い付けるより効率的に、機械的にビーズなどを配置出来るようなのですが、

 

初日の私は、普通の針を使った方が絶対に早かった。。。^_^;

 

 

けれど悔しくて自宅で特訓するうちに、あら?随分スムーズに出来るようになった?!

 

3日目には、ちゃんと糸が素直に布の表面に戻ってくるようになりました。

 

 

編み物をするときと同じ右手の動き、で尚且つビーズを取り付けるのです。

 

 

次のレッスンでブローチが完成します。

 

 

オートクチュール刺繍の世界の入り口に立って、どんな素材を使うのか、どんな構図で仕上げるのか、どんなテクニックで刺すのかなどを想像するだけで、ワクワクして興奮しているわたくしです。。。

 

にほんブログ村 パリ情報

13日前

 

こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のための、スワロフスキーのビジュー

『Kiraméki 』です。

 

 

 

以前紹介して、すっかり投稿し忘れていたリメイクの写真を載せたいと思います。^_^;

 

 

 

もうすでに、品物はお客様の手に渡っているのですが、もう使わないと思っていた物が生まれ変わって、とても喜んで下さいました。



{9C0C8785-DB9F-4097-9A38-D8A376BC90C6}


 1つ変更した点、バレッタにせずにブローチとなったこと。



アメジストの重さを考えると、ブローチの方がより負荷がかかりにくいと判断しました。

 


アメジストのペンダントトップ


クリスタルスワロフスキー



淡水パール



竹ビーズ



デリカビーズなどを使用。



昨年から取り入れた刺繍ですが、作るものの幅が広がりました。




今週も続けて刺繍のレッスンがあり、新たなテクニックを練習します。




この街にいられるうちに、この技術をを学んでおきたい。

 


バカンス前の貴重な時間です。



7月には日本に帰ります〜(^^)!


 

にほんブログ村 パリ情報

17日前


こんにちは、

 

 

気品あるフェミニンな大人の女性のためのスワロフスキーのビジュー『Kiraméki 』です。

  

 

夏のバカンス前のこの時期、テルミナル(高校三年生) の子達はバカロレアの真っ最中。



しかし授業は無事に終わったので、羽目を外してお祭り騒ぎをします。(学校でね!)



夕方通りかかると、音楽が大音量で流れていました。



 髭剃りムースや、口紅を持ってきて良いですよ、と連絡があり、



子供達は汚れても良い服装で登校して、帰りは全身ボディアート??っていうような状態です。。。



それだけ厳しい受験準備をしてきたのでしょうね。



バカロレアを取れば結果次第で、大学なり、次の ステップに進むことが出来ます。



私の子供達にも、そんな日が来るのでしょうか。。



さてさて、私がフランスに来る前に、親子共に大変お世話になった先生がこんな本を書いておられるので、ご紹介したいと思います。

 

 

フランスの大学で学ばれた先生は、当時私の子供達が通っていた幼稚園の園長先生でした。



そして10年以上前私は、聴講生として山梨大学のフランス語の授業に出席していました。



まさか本当にこの国に来ることになるとは、想像もしてなかったけれど!!



親切にも、渡仏前にフランスに関するいろんな本を貸して下さって、



なかでも、みなさんご存知の若い女性が陥りやすい"パリ症候群"は、かなり印象的でした。



この街で、心も身体も元気でいられるように、ネガティヴ思考はやめました。



「パリのいろんなカルティエを歩いてみて下さいね。多くの発見がありますよ。」とアドバイスを下さいました。



限られた時間だから、多くの美しい風景を見て、たくさん(可笑しな、違う文化を持った興味深い人達 )に出会いたいと思うようになりました。。。



彼は私とは別世界の人、天上の人(^^)でしたが、


いつも心の奥深くに、先生の言葉があり、私を勇気付けてくれていました。



尊敬する森田先生の書いた仏検対策本!



確か二級から出版されていると思います。



今年の一時帰国の際に手に入れたいと思っています!



もしお会いする機会があるのならば、フランス語を諦めず勉強していることを伝えたいです。


にほんブログ村 パリ情報

 

 

 

 

Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

作者:Kirameki

Kiraméki パリで手仕事〜ビジューの煌めき〜グルーデコ

パリ近郊で、ヨーロッパビーズやスワロフスキーのアクセサリーを製作、販売しています。グルーデコ®のアトリエも毎月開催中。

7日 612 総合 35 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Kiramekiさん新着記事



過去記事

Kiramekiさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 フランス美食村
3位 グルメらくがき帖(フランス発信)
4位 パリ6区サンジェルマン村
5位 フランス落書き帳
6位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
7位 パリの保険屋さん
8位 パリ ロケ コーディネーター テレビ取材


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録