ようこそジモモパリへ!

パリ美容室・美容院

194日前
素晴らしい舞台でした。

人間国宝・野村萬氏の演技は必見。
まさに匠の技でした。

今回の狂言の舞台は

【三番叟 】(さんばそう)
【金岡 大納言】(かなおかだいなごん)
休憩
【二人袴】(ふたりばかま)
 
の3部構成となっていました。

1930年(昭和5年)1月10日生まれの野村萬氏は、
現在87歳ということでしょうか??

本当に凄い。芸に生きているまさに人間国宝。

貴重な舞台をとても良い席で見ることができ、感激でした。


小笠原匡氏・小笠原弘晃君の演じる【二人袴】にも注目。
休憩を挟んだあと、実の親子の演じる舞台。
美し声とコミカルな動きとストーリー。
素人でもわかりやすく、自然と楽しめました。

小笠原ファミリーとは個人的に親しく付き合わせ頂いている事もあり。。
特に感激しました。
弘晃君はまだ15歳
15歳とは思え無い、言葉遣いや知識の豊富さで、初めて会った時は同い歳ぐらいだと思っていた。。
わたくし、現在34歳。

来月には35歳。。。
約20歳も違うのに、同い歳ぐらいに思ってた自分って。。

っと思いましたが、今回の舞台を見て、改めて納得。

そして改めて尊敬しました。

やっぱりこの人凄いわって。


美しい声と、卓越した身のこなし。
そして笑わせてくれる。

凄すぎるよ弘晃君。

友人ながら本当に尊敬です。


中央・野村萬氏、右から4番目3番目・小笠原匡氏とオレンジの着物が弘晃君


会場は満員御礼でした。

チケットとれて本当にラッキー。

誰とは言いませんが。。。
タカコさんありがとう。。w




今日もまた狂言の舞台がパリの日本文化会館で16時から。

このプレミアムチケットを持っている人は凄くラッキー。

是非是非楽しんできてください!!!

ではでは〜〜〜。



今回の演目について、ご興味ある方は下記参考にしてください。
(日本文化会館でも配られます。)

パリ日本文化会館20周年記念 特別狂言公演 日本語解説文

【狂言とは】
狂言は650年前に誕生した日本最古の喜劇で、以来一度も絶えずに伝承され、現代では日本を代表する伝統芸術となっています。
”能楽”とは”能・狂言”の総称で、二つの芸能は性質上二卵性の双子に例えられます。
能が主に古典的題材(貴族社会)を取り上げ、幽玄美を第一とする歌舞・悲劇であるのに対し、狂言は庶民の日常的な出来事を、笑いを通して表現する科白・喜劇となっています。


【三番叟 】(さんばそう)
 能の祝典曲 ”翁”(おきな) のなかで狂言方が担当する演技で、若者の勇壮な舞である。 ”柔の段”と 、老体で厳かな舞”鈴の舞”の二つからなります。
共に天下泰平・五穀豊穣を寿ぎ、特に”揉の段”(もみのだん)は、華やかに弾んだ囃子(はやし)に始まり、「おおさえ、おおさえ、おお。喜びありや」と謡い出し、律動的な笛・小鼓・太鼓の演奏で、足拍子を踏みながら、明るく力強く舞うものです。また”鈴の段”は黒式尉(くろしきじょう)の面をつけ鈴を振りながら寿福を祈り舞います。文化会館20周年記念に相応しい祝言です。


【金岡 大納言】(かなおかだいなごん)
絵師の金岡が狂気して洛外をさまよっているので、心配した妻が理由を問うと、参内した御所で会った美しい女中に恋をしたと言います。妻は怒って、自分も化粧をすれば女中に負けないと云い、金岡に得意の絵筆で化粧をするよう頼みます。金岡は言われるままに妻の顔に彩色を始めますが・・・。
難易度の高い<小歌>を歌いながら登場し、狂乱状態の<カケリ>舞の後に、<恋の語>を語り後には舞台上で実際に紅白粉を絵筆にて描く、和泉流にのみ伝わる秘曲です。

【二人袴】(ふたりばかま)
舅(しゅうと)が登場し、今日は最上吉日なので聟(むこ)が結婚後初めて挨拶に来るはずと、太郎冠者(たろうかじゃ)を呼び出して準備をします。 さて、聟は一人では恥ずかしいので、父に門前まで付き添ってもらいます。しかし父は太郎冠者にみつけられ、座敷に出なければならなくなります。袴は一つしかないので、二人は交互に袴をはきかえ様々な言い訳をして舅の前にでますが、両人一緒にと呼ばれます。困った父は袴を二つに裂き、それぞれ前に当て座敷にでますが・・。
めでたい婿入の席での、舅に対する親子のかけひきが笑いを誘います。

 引用元・パリ文化会館用紙より




狂言の舞台見たことない方は、またの機会に是非行ってみてください。
恥ずかしながら、僕も初めてでした。
日本の伝統芸能の良さって知るほどに素晴らしいんだろうなと思います。
(まだカジッタばかり状態で言うのもなんですが。。)
噂によると、この大注目の弘晃君、2017年8月26日、日本の舞台にも立つという??
日本に住んでる方は是非。
パリでもまたやってくださるといいですね。



投稿日
2017年5月13日(土)

<文・写真> 畠山和宏



狂言の舞台見たことない方は、機会があれば是非行ってみてください。
恥ずかしながら、僕も初めてでした。
日本の伝統芸能の良さって知るほどに素晴らしいんだろうなと思います。
(まだカジッタばかりの状態で言うのもなんですが。。)
噂によると、この弘晃君、2017年8月26日、日本の舞台にも立つという??
日本に住んでる方は是非。
パリでもまたやってくださるといいですね。



読んでくださり感謝。



196日前
パリ戻りました!!!

早速仕事始めて日常を取り戻します!!

写真はつい先日の結婚式の前撮りをさせて頂いたものです

本当に素晴らしいお二人で。
そして日本髪や着付けも美しく。
紹介したい写真がいっぱいです。
写真掲載のご許可も頂いたので、ちょくちょくと紹介出来る機会があったら載せたいなと思います
 



日本は素晴らしい貴重な文化を持った国だなっと再確認出来ました。
とにかく、とりあえず。。。
 

仕事に向かいます!
 

また、これからも頑張ります!!
 

今後ともよろしくお願い致します!!
 

週末まではお陰様で満員となっておりますが、
来週はまだ空きございます!!
 

そちらの方も是非是非








畠山和宏

199日前


明日はこのお二人の写真を見て、ご依頼してくださったカップルの結婚式の前撮り。
すごく光栄な事と思い嬉しい気持ちと、ずっとずっと何年経っても良い思い出になるように。
そういう気持ちを込めて、思いをのせて撮るという事。
せっかくご依頼してくださった期待や縁を絶対に無駄にしないように、依頼してよかったと心から言って貰えるように・・。

明日も気合いれていきます。

そして、その次の日はスイスからわざわざパリに縮毛矯正をかけに来てくださってる(しかも日帰りで。。)大事な大事なお客様が、日本のrinに来てくださる予定。当然、自分に出来る限り完璧を目指して仕事します。
その後はマンションの打ち合わせ。
そしてその夜に飛びます。

今回の日本の残りは全力で仕事してパリに戻ります。
5月10日の昼過ぎにパリについて、その日の夜から仕事。

翌日はすでに満員からの3日連続満員御礼。

5月は他にも3日連続ウェディングの仕事が入ってたりと、なかなかにハードな日々になりそうです。

常に体調管理してベストな状態で挑もうと思っています。
こんな自分に仕事を依頼してくれる期待を裏切りたくない。
期待を超えていきたい。
もっと成長したい。

そんな思いです。

バカみたいに気合い入っていて、馬鹿じゃないって思う人もいっぱいいると思うけど。。

美容師になってから17年間ずっとそうやって来たし、これからもそういう情熱は絶やしたくない。

美容師として、フォトグラファーとしてもマンション経営しても、何をしても人と関わる以上、自分に出来るベストを尽くし、自分にしか出来ない仕事にこだわり続けたい。

とにかくまずは明日!!全力でいきます!!





もう写真を撮ってから2年が経ち


そして二人は子供を授かりました。








5月のパリの予定を書いておきます。
<2017年>
5月10日(水)満員
5月11日(木)満員
5月12日(金)満員
5月13日(土)満員
5月14日(日)満員
5月15日(月)3名様可
5月16日(火)3名様可
5月17日(水)3名様可
5月18日(木)1名様可
5月19日(金)2名様可
5月20日(土)満員
5月21日(日)ウェディング撮影
5月22日(月)ウェディング撮影
5月23日(火)ウェディング撮影)
5月24日(水)1名様可能
(夜にフライト)
5月26日より日本で働きます。〜6月6日まで。



それでは読んでくださりありがとうございます!!

またパリか日本で近々お会いしましょう。

畠山和宏


202日前

大好評のパリの美容院でコンサート。

今月もやります!!

早速募集を開始します!!

今回は一般の方もお客様も幅広く来て頂きたいと思います。
※基本的に限定20名様となっております。
埋まり次第終了となりますので、よろしくお願い致します。

<5月17日パリの美容院でコンサートスケジュール>
19時55分開場
 お客様が集まったら演奏を開始致します。

途中休憩・シャンパンやソフトドリンクで乾杯
 ↓
第二部 演奏

22:00 終了

22:10 片付け開始させて頂きますm(_ _)mm(_ _)m


<参加費>
A プラン →30ユーロ
シャンパン等のお酒飲み放題。
ほろ酔いで生演奏を楽しみたい方へ。

B プラン→25ユーロ
お酒飲めない方orお酒強くない方
(シャンパン一杯しか飲めないという方もこちらでOK)
純粋に音楽を楽しみたい方へ。

参加費は演奏終了後に集めさせて頂きます。
参加申し込みの時にAかBをお知らせして頂けますと幸いです。



<場所>
Piano Coiffure 48 rue de richelieu 75001 Paris

※Google Mapで検索する場合は、必ずPiano Coiffureと入れてください。
何故か住所だけだと違う場所を示してしまうエラーが起きています。。

もっと詳しく写真付きで解説↓
http://kaz61.blogspot.jp/2013/04/piano-coiffureparis.html



今回の演奏者も豪華ですのでご覧ください!!

まずはこのお二人


榊原麻里子 x 小串翔



この二人は先月もパリのヘアサロンにて素晴らしい演奏を披露してくださいました。


前回の様子をご覧になりたいかたはこちらのリンクへどうぞ
 https://kaz61.blogspot.jp/2017/03/x-15march2017.html

満員のお客様から大絶賛だった前回。
今回も本当に楽しみです!!

そして今回はさらにもうひとグループに登場してもらいます!!


井上朋美 x 大越崇史

クラリネットとピアノの共演です。
二人ともかなりの経歴と実力の持ち主!



Clarinetist 井上朋美 Tomomi Inoue

神奈川県横浜市出身。国立音楽大学を首席で卒業。卒業時に武岡賞を受賞。皇居内桃華楽堂にて皇后陛下主催の御前演奏会に出演。ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。第6回ヤング・クラリネッティストコンクール入選、パルテノン多摩賞受賞。第9回クラリネットアンサンブルコンクール第一位、同時にグランプリ受賞。2014年第1回NONAKAクラリネット・アカデミーにてフィリップ・ベロー氏のマスタークラスを受講、同時にセルマー・パリ奨励賞を受賞。2016年第7回岩谷時子賞「岩谷時子Foundation for Youth」受賞。これまでにクラリネットを飯島泉、武田忠善、生島繁、大和田智彦、エマニュエル・ヌヴー、松本健司、板倉康明、フランク・アメ、ポール・メイエの各氏に師事。 現在パリ地方音楽院Concertiste課程に在籍。2017年9月よりリヨン国立高等音楽院に進学予定。


Pianist 大越崇史 Takafumi Okoshi 

2005年大阪国際音楽コンクールデュオ・アンサンブル部門第2位受賞。2011年日本クラシック音楽コンクール全国大会ピアノ部門入選。2012年入江真歩氏(Vn)とのデュオでデザインK国際音楽コンクール二重奏部門第1位 併せてグランプリ受賞。2014年ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール特別賞。第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門第4位入賞。2016年コンセール・ヴィヴァン新人オーディション優秀賞受賞。2012年より毎年フランスノワイエにてアンヌ・ケフェレック氏ピアノマスタークラス参加。桐朋学園女子高等学校音楽科(男女共学)を経て2014年3月桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業。山田富士子氏に師事。  2014年渡仏。2016年6月パリ地方音楽院コンサーティスト課程卒業。アンヌ-リーズ・ガスタルディ氏に師事。現在、パリ地方音楽院室内楽科エリック・ル・サージュ、ポール・メイエクラス在学中。


二人は今回、当サロンのコンサートは初参戦!!
今からすごく楽しみです!



実力派揃いの素敵な演奏と

優雅な時間。

一緒に楽しみましょう!


興味が湧いてくださった方は是非ご連絡ください。

連絡は以下の方法でお選びください
1、Facebookより、演奏者、もしくは畠山まで直接連絡ください。

2、 Lineより、演奏者、もしくは畠山まで直接連絡ください。

3、eventparisjapan@gmail.com
にメール。
題名には
「パリの美容院でコンサート 2017年5月17日」参加希望 

畠山連絡先はこちらに詳しく載っております

 http://kaz61.blogspot.jp/2017/04/blog-post_26.html

参加費
Aプラン→30ユーロ
Bプラン→25ユーロ
もご記入頂けますと幸いです。



参加のご連絡、お待ちしております!



今までの演奏会の様子を知りたい方はこちら参考にしてください。

http://kaz61.blogspot.jp/2017/03/x-15march2017.html



投稿日
2017年5月5日


203日前
Le Clos Y (ルクロ・イグレック)さんで今まで頂いたものを紹介しようと思います。

見事、
勝手におすすめランキング第1位に選ばせて頂きました!

※本当に勝手に選んだので気にしないでください。

 「パリでお勧めのレストランを教えて」っと言われると結構困る。
そんな経験した事ありませんか?

僕自身、いつも困ってました。笑。

旅行者にも接待にも、お祝いの時でもどんな時でもここを紹介しておけば間違いない。

そんなお店を知っておくと、とても便利。

更には常連になると、前食べたものまで覚えてくださったりして、
食べに行く度に楽しませてくれたりします。

今まで書いた過去の記事はこちら


Le Clos Yについての過去記事

1. Le Clos Y への行き方が詳しく載ってます。
http://kaz61.blogspot.jp/2015/05/le-clos-y-paris.html
 

2.上記レストランがトリップアドバイザーで第3位を獲得した時の記事
http://kaz61.blogspot.fr/2016/06/le-clos-y.html


3. 上記レストランがトリップアドバイザーでパリ全体のレストランで2位を獲得した時の記事です。
http://kaz61.blogspot.fr/2016/07/2le-clos-y-tripadvisor.html

 

今回は今まで頂いた料理について、まとめてみようと思いました。
(自分が紹介する時にラクなように。)

早速、写真で紹介致します







味はなんとなく想像してくださいね。
日本人特有の繊細な味付けと盛りつけ。

時にはこんな変わりダネも。

火山みたいな。

フィッシュアンドチップスをイメージした料理。
白身魚と香ばしさが絶妙な一品

茶碗蒸し風の料理も。
思わずため息をつくような味わい。

ワインもお勧め。
詳しくない方はソムリエへ。
素人は自分の好みを伝えて選んで頂くのが一番でしょう。


別の日の写真。







素敵な店内。


シャンパンからスタートするのもいいですね。




ワインも美味しい。。
前菜から既に満足度がぐいぐいあがる。










キノコの香りと食感が素晴らしい。






盛り付けが素敵だからいろんな角度からパシャ。




デザートもいつも楽しい










ブルターニュ産のオマールエビのタルタル。


繊細な味付けと見た目も素敵。



















美味し〜い日本酒もありますよ。
写真は九平次。獺祭もあります。

オーナーシェフの池田さん
本当に尊敬しています。

優しい人柄と情熱、経験、
色んなものを兼ね備えてるスーパシェフです。



Le Clos Yの行き方はこちらを参考にしてください。

http://kaz61.blogspot.fr/2015/05/le-clos-y-paris.html



是非皆さんも足を運んでみてください。

【Le Clos Y】
27,Avenue du Maine 75015 Paris
tel +33(0)1 45 49 07 35

http://leclosy.com/index.html

Menu Le Clos Y
6 plats - 65 euro

Menu Dejeuner
Entree/Plat - 26euro
Plat/Dessert - 26 euro
Entree/Plat/Dessert - 31euro

データは掲載時のものです。
詳しくはホームページでご覧になってください。

Au déjeuner
du mardi au samedi
de 12h à 14h.
Au dînerbr /> du mardi au samedi
de 19h30 à 22h00.

Fermé
le dimanche
et le lundi.
(日曜日・月曜日休み)

大人気店なので、予約は必須です。
突然のキャンセルや人数変更はお店に多大な迷惑がかかります。
出来るだけ早めに伝えるようお願い致します。
電話は嬉しい日本語可


Le Clos Yへの行き方はこちらを参考にしてください。
http://kaz61.blogspot.fr/2015/05/le-clos-y-paris.html



記事が少しでも何かのお役に立てれば幸いです。
読んでくださりありがとうございました。



パリ美容室・美容院

作者:パリ美容室・美容院

パリ美容室・美容院

上質な空間で質の高い技術を提供しているパリのヘアサロン。メニューや詳しい情報は上記のタイトルをクリックして頂くか、下記のリンクへお願い致します。http://kaz61.blogspot.fr/
最新のブログが上手く反映されてない時もリンクへお願い致します。

7日 26 総合 275 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



パリ美容室・美容院さん新着記事



過去記事

パリ美容室・美容院さんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス落書き帳
2位 Ncpfrance
3位 フランス美食村
4位 パリ6区サンジェルマン村
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリの保険屋さん
7位 アフリカ コーディネーター テレビ番組の取材や撮影コーディネーション
8位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録