ようこそジモモパリへ!

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

94日前

 

 

後半:カリグラフィーレッスン

 

 

丸テーブルをみんなで囲んで♡

このシチュエーションはわたしの夢でした(*^^*)

日本人女性はとても器用だと思います。

ブーケを作っている時にも感じましたが

カリグラフィーの時間になっても安定感は変わりませんでした。

 

それと、作業している周辺がキレイ(きちんと整頓されている)というのは

美しい文字を書く上でとっても大切なことだと思います(*^^*)

 

 

 

お渡ししたお手本と練習シート。

本番ではコットンペーパーに文字を入れた後に、

金の縁をプラス゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

ひと手間加えてただけですが、

この工程がぐっと高級感を演出してくれます。

フランスの書体といえば【ロンド体】

ブーケに添える言葉はシンプルに【Merci】に決めました。

 

グリーン多めでナチュラルなフォルムが

パリスタイルのブーケだから、

【Mon petit jardin】私の小さな庭

にしようかと迷ったのですが...

 

色々な意味を込めて、やっぱり

【Merci】しかないと思って。

 

次やるときは【Mon petit jardin】を採用したいと

考えています(*^^*)

 

 

 

全員のmerciカードを集めて

写真撮影タイムです!

慌て過ぎて?

興奮し過ぎて?

写真のアングルがひどいですね(T_T)

 

とりあえず、雰囲気だけでも!!

 

 

カードが書けたらピックで留めていく作業です。

素敵に見える位置を先生に教わっているシーン^^

 

完成です♡

 

 

後日、生徒さんが送ってくださったお写真です。

ありがとうございます^^♡

 

本当に忘れられない日になりました。

 

 

もうこのブーケは手元にないのだけれど、

この儚さがより一層、深い思い出として心に刻まれます。

 

 

 

自分の過去に自信がありませんでした。

でも絶対に戻れなくて。

 

自分でやってきたことだから、

自分の人生だから、

誰のせいにもできなくていつも苦しかった。

 

 

ふと、気が付くとこんなにも素敵な人たちに囲まれて

この日小さいながらも思い描いていたことが実現できた。

 

あの過去があったから今の自分がいる!

やっとそう思えるから。

 

大事なのは大きさでもないんだなって。

 

 

あの時違う道を選んでいたら、

この日WSに来てくださった人達とは

一生すれ違うこともなかったかもしれない。

 

それが同じ空間で同じものを見て共感し合えるって

奇跡以外なにものでもないと思います。

(実際にこの後にも、奇跡が続きます

そのお話はまた別の記事で^^)

 

 

 

 

【パリでしかできないこと】

 

一瞬一瞬が宝物です。

 

 

 

 

96日前

 

 

WS前半:パリスタイルのお花レッスン

 

まずは先生のブーケのデモンストレーションから♡

 

この日使ったお花は...

【Liste de fleurs】

1. Rose avalanche

2. Scabieuse

3. Coriandre pêche

4. Viburnum opulus

5. Framboisier

Hiromiさんのレッスンの良いところは、

日本とパリのお花事情の両方を学べること。

 

パリで日本人とフランス人両方のレッスンをたくさん受けた経験から、

彼女なりの視点、日本人女性のツボを押さえながらの指導は

スペシャルだと思っています。

 

だからこそ、

ここで手にしている素材の価値を十分に理解することができたし、

自然と感謝の気持ちも生まれます。

 

 

le nettoyage(お花の下処理)をして

想いを込めながら束ねていきます。

リスト3.のコリアンダーペッシュの香りがお部屋中に漂って...

最高に幸せな気分でした(*^-^*)

 

 

 

 

ブーケが完成したら窓辺で撮影会♪

ブーケがキレイに撮れるポイントを

いくつか教えていただきました(*^^*)

 

この後カリグラフィーのデモが控えていたので

落ち着いて愛おしいmyブーケの撮影に全力で挑めませんでしたが、

次から取り入れようと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は、カリグラフィー編を更新します!

 

97日前

 

 

 

この日は朝からカリグラフィーのレッスン。

短期集中レッスンの最終日でした。

 

お花の水あげがあるので

約束の時間よりも少し早く来てくださいました(*^^*)

 

 

花束を抱えてにっこり♡

ありがとう゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

・・・

 

頭の片隅でこのあとのWSのことを考えているのかな?

と思いつつ。。。

驚異の集中力で最後まで書き上げていました。

さすがです!!

 

 

 

無事にレッスンが終わり、

一息つく間もなく準備開始!

 

※sawa目線でお届けいたします^^。

 

まずはこの日のWSのイメージ撮影から♡

使用するお花、カリグラフィー道具をレイアウト。

Hiromiさんのセンスが光ります☆

 

自然光を利用してナチュラルでリュクスな雰囲気に。

真ん中のカリグラフィーで書かれたコットンペーパーには、

この日使用したお花の名前が記されています。

前日にリストをいただき、WSの雰囲気に合わせて

アングレーズ体で書きました。

画像だと見えにくいのですが、5番目に書かれているのが

Framboisier ・フランボワジエ / ヨーロッパキイチゴ。

(右手前に写っている緑の葉がそうです^^)

その近くにフランボワーズカラーの羽ペンを....゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

レイアウトしながら彼女自身も興奮している様子が印象的でした^^。

 

 

ここから7つのブーケを作ります♡

モリモリで幸せな気分です♪

 

まずはお花のブーケからなので、

それ仕様にテーブルセッティング。

生徒さんたちが来るのを待ちます(*^^*)

 

 

ドキドキ♡わくわく

 

 

思いっきり楽しもうっ♪

 

 

 

 

次回の更新に続きます→

 

98日前

 

前回の記事の続きです^^

短期集中レッスン!パリでカリグラフィー

 

 

ちょうどレッスンも中盤に差し掛かった頃

会う度に、話をする度に、Hiromiさんとは

同じ方向を向いて歩いているな

と思うことが増えました。

 

分野は違うし、ゴールが何かもわからないのですが

目指しているものが一致している...

そう感じたのです。

 

 

レッスンが終わり次の約束へ向かう途中、

パリにいらっしゃる間にお花を習ってみたいなぁ♡

という妄想から始まって...

 

まだまだ私には早いと思っていたはずの

「Hiromiさんとお花とカリグラフィーのイベントがしたい!!」

というところまでイメージが膨らんでいました。

 

そう思った瞬間、その光景がはっきりと目に浮かんで

何とも言えない興奮を覚えました。

 

なぜか

「実現できる!!」

という自信がありました。

 

文章を打つのに時間のかかる私ですが、

このチャンスを逃してはいけないと、隙間時間に

慌ててこの計画をメッセージしました。

 

グッとアクセルを強く踏んだ瞬間でした。

 

 

ここ最近何度も書いていますが

1年前にも同じ夢を持っていました。

お花とカリグラフィーとの相性が抜群なのはわかっている、

でも、誰と、いつ、どこで、どうやって?

というところになるとかなり曖昧で、とてもフワフワとしたもののままでした。

 

 

でも、今回Hiromiさんと出会って

夢だったことが実現に向けて一気に加速しました。

 

 

 

とは言っても、、、

 

パリ滞在に期限はあるし

みっちり計画を立てていることがわかっていたので

こんなに急な思いつきで

 

日程が合うのか?

人が集まってくれるのか?

材料の仕入れは可能なのか?

 

などの

第2の壁が待ち受けていました。

 

私も珍しく他のレッスンや別の予定で埋まっていて、

提案できる日程がピンポイントでしかなくて...

 

でもこの時、なぜか

「都合がつかなかったらまだってことなんだな、

これで決まれば精一杯やろう」

そのくらいの気持ちで

運命に身を任せ、ゆったりと構えていました。

 

 

 

 

有難いことに、

スグにOKのお返事をいただけました。

 

開催日が決まったところで

こんな素敵なイメージまで作ってくださいました(*^-^*)

 

Hiromiさんのインスタグラムから拝借。

@romietfleur

 

 

 

席数に限りがあるので、まずは身近な人に声をかけたところ

あっと言う間に満席に。:゚(。ノω\。)゚・。 

 

 

こうして私にとって

パリで初めてのWS、初めてのコラボが

実現まであと一歩...

というところまで来ました。

 

 

ここから2週間弱、当日まで日々のやるべきことに追われながらも

ドキドキしながら過ごしていたことを思い出します(*^^*)

 


【パリでしかできないこと】

 

どこを撮っても素敵なレイアウトにドキドキが止まりません(/ω\)♡

今こうして見ても、夢のような時間だったな゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

カリグラフィーの教室探しまで遡ると

長い長い旅でした。

 

私にもこんな日が来るなんて(T_T)

 

 

前の仕事を辞めて、目の前から何も無くなってしまった時のこと。

パリでの第2の人生はカリグラフィーと共に歩むと決めたあの日。

 

 

夢は願えば叶うというけれど、

願っているだけでは叶えることはできないことも知りました。

 

誤解されることも多くて、理解されないことの方が多かったけど

自分が今見ている世界にもっと自信を持って良いと

思えるようになりました。

 

 

風当りが強いこの街で

もっともっと揉まれて

転んでも何度も起き上がれるような強い自分でありたい。

 

 

パリスタイルのカリグラフィー。

これからも追及していきます!!!!

 

 

 

※次回の更新ではWS当日の準備編をお届けいたします(*^-^*)

 

 

 

99日前

 

 

 

フロリストのHiromiさんとのカリグラフィー集中レッスン。

 

Hiromiさんのことを綴った記事です

やっとこの日がやってきた!

お花とカリグラフィー♡最強コラボが実現

 

 

レッスンのお問い合わせ内容が

 

カリグラフィーを使って...

- ブーケにカードを添えたい

- お花のレッスンのディプロムを書けるようになりたい

 

●カリグラフィー未経験

●10回で3書体学びたい

 

...ということだったので、

こちらをご提案させていただきました。

 

①読みやすい書体 → シャンセリエール体

②フランスの書体 → ロンドまたはクゥレ体

③先の尖ったペン先を使った流れるような書体 → アングレーズ体またはスペンサリアン体

 

だいたいひとつの書体を3日間でこなしていくペースです。

貴重なパリ滞在、カリグラフィー未経験ということを考えて

1レッスン2時間半に設定させていただきました。

 

私の通うカリグラフィー教室は1回2時間で通常10人くらいの生徒と一緒で、

同じ空間でそれぞれ別の書体を自分のペースで学んでいます。

そんな環境の中、あくまで目安ですがひとつの書体に10回はかけています。

 

それを基準に考えると今回は

「書体取得」という意味ではかなりの強行スケジュールです。

 

 

生徒さんの希望に応えてあげたい!

と強く思う一方で、強引で雑な指導になってしまわないか...

という心配がありました。

 

 

でも、

 

時間配分を考えて、準備を念入りにすることで

ある程度の不安は取り除くことができました^^。

 

 

ダイジェスト版で記録を残しておこうと思います♡

 

 

①読みやすい書体

 

【Chancerière】イタリック体のことです

 

まずはカリグラフィーを知ってもらうこと。

ペン先に慣れてもらうことを目標に!

この後、すぐにミニカードを書かれていて

驚いたのを思い出します(*^-^*)

 

 

②フランス書体

 

【La ronde】ロンド体

他の2書体が傾斜のある書体なので、

縦が真っすぐなロンド体を選ばれたのはナイスチョイスでした☆

ここから2人に!

 

 

ロンド体最終日

まとめとしてカードを書きました。

 

この時、シーリングや金縁のテクニックもお見せしました。

押し花とシーリングの組み合わせ、いいですよね(*^-^*)

 

 

ここまでで、7日間。

 

 

 

③先の尖ったペン先を使った流れるような書体

【Spencerian】スペンサリアン体

 

残り3日間、ラストスパートです!!

 

スペンサリアンでは「ガッシュの使い方」をレッスンで取り入れました。

左手の筆の持ち方が様になっています(/ω\)

 

まとめはイタリアのファブリアーノ紙で

好きな文字を。

愛犬の名前やご両親の名前を書かれていました^^。

引きで撮りすぎたー(^-^;

 

 

10日間、本当に本当にお疲れさまでした!

 

言葉では言い表せないほど感謝しています゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

そしてこの後、お花とカリグラフィーのWSへと続いてきます。

 

 

 

どのようにして実現したのか...

その経緯を次の記事で書いていきたいと思います(*^^*)

 

また更新します!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

様々なお問い合わせの返信が遅れており、

大変申し訳ございません。

 

sawaにメッセージしたのに返事がない!

という方。

きちんと内容を理解してお返事したいので

少し時間が必要です。

お返事は必ずしますので、少しお時間いただけるとありがたいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

作者:sawa

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

小さいころから好きだった書道をきっかけに今度はパリでカリグラフィー(西洋書道)を勉強中!2つの「文字の芸術」を通して気付いたことや成長記録パリでの生活などを綴っています

7日 11 総合 84 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



sawaさん新着記事



過去記事

sawaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス美食村
2位 フランス落書き帳
3位 パリ6区サンジェルマン村
4位 Ncpfrance
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリの保険屋さん
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 Taku's Blog++


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録