ようこそジモモパリへ!

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

101日前

 

 

前回の記事のコメントで

私がヨガやカリグラフィーに

"本気で打ち込める理由とは...?"

というのを書いてくださっていて、

改めて考えてみることにしました。

 

 

でも、その答えは簡単に見つかって、

結局最後に行きつく答えというのは

 

「人との出会い」

「縁」

 

でした。

 

 

もちろんその答えにたどり着く前に

そのことが好きでである、とか

向いている、とか

素質がある、とか...

色々な理由があります。

 

まずはスタートして

続けていくという工程があるかと思うのですが

私の場合、最終的に本気になれたのは

尊敬できる人との出会いがあったからだと断言できるのです。

 

 

 

 

今ざっと思い返しただけでも、私にはあらゆる分野の「師匠」がいます。

 

ここで全部は書きませんが

まず思い浮かんだのが私に"仕事"というのは何なのかを教えてくれた

パリの師匠の存在です。

 

20代半ばでパリに来た私でしたが、

野心などは1ミリもなく

1年パリに留学して、結婚して子供を産んで主婦になることを夢見ていました。

幸せな家庭を築く...

そこがゴールだと思ってそれまで生きてきました。

 

そんな私の甘い考え方を根底から覆し、

本気でぶつかって、本気で叱ってくれたのが師匠(女性)でした。

 

最初は受け入れるのが大変でした。

何でこんなに頑張らないといけないのだろう。

どうぜこの仕事はずっと続けるわけではないし。。。

いつもそう思っていましたし、

師匠もまた、そのことを分かっていました。

 

でもそんなことはお構いなしでした。

「何かひとつでもできることはないの?」

「このままでどうするの?」

「あなたが個人的に何を思っているのかは関係ない、これは仕事だから」

「年を重ねて惨めな思いをしたくなかたら、今必死に頑張りなさい」

「どの仕事も同じ。今与えられた仕事ができない人は他の仕事もできない」

 

.....

師匠語録を作れるほど、数々の名言を残してくださいました。

これはほんの一部です。

 

 

人を叱るというのは相当なエネルギーを使います。

それを毎日毎日、私が心で何を思っていようとも

伝え続けてくださったことに、今は感謝しかありません。

 

 

3年半お世話になりましたが、

言葉遣い、挨拶、掃除の仕方に至るまで

仕事を越えて、人としての在り方を教えてくれた人です。

今の私をつくったのは師匠だと言っても過言ではありません。

 

厳しい面もありましたが、一方では

抱えきれないほど沢山のものを与えてくれて

本当にかわいがってもらいました。

 

いつも心配してくれて、

いつも親身になって話を聞いてくれました。

 

 

今までに見たことのない景色、

普通に生きていたら口にすることのできなかったもの、

出会うことのできなかった人達、

 

仕事だけのパリ生活ー...

 

でもその裏では仕事をしていたからこそ味わえた

甘い蜜がありました。

 

20代で結婚して子供を産んで、幸せな家庭を築く...

 

段々と私の中で考え方が変わっていくのを感じました。

 

 

パリという場所がまた、その考え方を変えるのに難しくない環境でもありました。

女性が皆、働いているからです。

 

 

今はその仕事から離れてしまいましたが

 

もう、

 

昔の考えの自分には戻れなくなってしまいました。

 

あの景色が忘れられないのです。

あの感動をもう一度味わいたいのです。

 

素敵な人と出会いたいから...

 

また頑張るしかないのです。

 

 

 

 

今の私は

育ててもらったことに感謝しながら、一歩一歩前に進んでいます。

 

 

感謝をしているからこそ、今の道で

本気になれるのだと思います。

 

 

そしていつも思います。

あれだけのことを乗り越えてきたのだから、

この先何があっても大丈夫だなって。

 

いつも人に助けてもらっている。

 

いままでのパリ生活がそうだったから、

そう思わずにいられないのです。

 

 

 

 

 

そしてヨガの師匠との出会いもまた、

私を変えてくれました。

 

初めは何気なく通っていただけ。

行けるときに行って、汗を流して帰って来る...

の繰り返しで、特に情熱はありませんでした。

 

師匠の第一印象は「怖い人」で

気軽には話しかけられない、独特のオーラをもった女性でした。

 

でも、彼女のレッスンは他の先生と何かが違うということを

感じていました。

 

最大限に力を発揮できるよう

ぐんぐんと引きせるようなインストラクション。

確かにヨガは一人でやるものですが、皆がいる空間を包み込むような、

共有しているのだという感覚が起きているのです。

 

これは彼女自身の力量が表れていて、

実際にヨガをしている姿は、神に近いものがあります。

 

尊敬と憧れ。

 

段々と師匠のレッスンに合わせて生活リズムを変えるようになり、

足繁く通うようになりました。

 

そうなると、認識してくれるようになるまでに時間はかかりませんでした。

 

色々なイベントに声をかけてもらい、

私のヨガライフ、同時にパリライフが変化し

ますます夢中になっていくのを感じました。

 

ヨガを行うことで、書道やカリグラフィーでじっとしていた身体をほぐす

という目的もありますが、

内面的にも没我の境地に達することが多くなりました。

 

すごく自分に合っているなあと思うし、

実際に尊敬している人と言葉を交わすというのは

本当に刺激になります。

 

一人で文字を書く時間、

ヨガをしに人と会う時間、

やはり内と外のバランスです。

 

 

 

師弟関係。

心と心が通っています。

 

本当に相手のことを想っている。

 

師匠が言っていました。

「最近の若い子たちは、相手の目を見て踊らない」

と。

(これは夜、遊びに行った時のことだそうです)

 

そういうことを大切にされている人なんだなぁと思ったのを

覚えています。

 

 

 

最初に話が戻りますが、

私が「本気で打ち込める理由」というのは

尊敬している人たちの存在があるからです。

 

出会いに感謝をしているから。

 

 

そしてまた、人との縁が繋がって広がり続けていることに

奇跡を感じるのです。

 

 

 

 

好きな言葉。

同じフレーズで日本語とフランス語を比較。

 

 

今日は何を書こうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

103日前

 

 

お気に入りの小さなノートにカリグラフィーを書いてみる。

コンスタントに書き続けて、一冊終わらせたいです^^。

 

ゴールを決めるっていいですよね。

あてもなく歩き続けるよりペースを調節しながら書けるので

目標を立てるのが好きです♪

 

.....

 

今日の午前中はプライベートレッスンがありました。

じっくり丁寧に書く姿を見て、

私も初心を忘れないようにしなければ(/ω\)

という気持ちになりました。

 

 

そしてこの時、生徒さんが言っていた

「カリグラフィーって、考えていることが顕著に出ますね」

という言葉が印象的でした。

 

今を考えながら書くのではなくて

まずは全体を見てから、少し先を見て書いていくことが大切です。

 

どこを見て書いているのか

どこが見れていないのか

紙の上に書かれた文字を見ればわかってしまいます。

 

 

曲がらなければならない場所にきてから、

曲がったのでは遅い..のです(/ω\)

 

書く前にカーブする位置をしっかり確認してから

書き始める。

そうすることで、滑らかな線になります。

 

文字を習う最初の段階では、お手本を見ながらだったり、

形をとることにとらわれてしまうので

こういったことが起こりやすいのですが、

何度も何度も書いているうちにそれが身体に沁みついて

考えなくても書けるようになります。

 

これには段階があるので

焦る必要は全くありません。

 

大丈夫です!

私には、いつも持ち歩いている手帳に

カリグラフィーを書いている姿が想像できています。

 

一歩一歩

 

一緒に進んで行きましょう!

 

 

 

.......

 

 

午後はヨガに行ってきました。

 

ヴァカンス期間にも関わらず人が多くてビックリ!

 

私はヨガをする前には何も食べません。

食べてしまうと苦しくて動けなくなってしまうので

胃の中を空っぽにして向かいます。

 

寝不足も危ないので、できるだけ眠ります。

 

信じられないかもしれませんが、

私は本気でヨガをやっているので

いつも万全な状態で挑めるよう気を配っています。

 

1回のレッスンも無駄にしたくない。

 

その日の力を最大限に発揮できるように。。。

 

 

私は師匠と出会い、ヨガがどういうものかを教えてもらいました。

 

ただポーズをとっていればいいわけではないのです。

何となく気持ちよく伸ばして、やったような気になって、汗だけかいていても

全く成長しないということを知ったからです。

 

正しいやり方でやらないことには

ヨガの恩恵を受けられないのだと。

 

 

道具を使うことなく、自分の手で自分の足を掴んで

これ以上無理というところまで引き合う。

 

これがなかなかできない....

 

思っている以上に足が上がってくれない。

ここまでできないのかと、情けなくなるときもあります。

 

でも、今日はできなくてもいいのです。

明日は1ミリ上に伸ばすことができるかもしれない。

 

そう信じて日々、ベストを尽くすだけ。

 

 

 

シンプル過ぎて感動します。

 

 

 

今日、ついに

ずっとできそうでできなかったポーズができるようになりました。

 

英語でfullcamelという名前のポーズです。

※気になる方は画像検索してみてください。お願いします。

 

《膝を立てて座り、手のひらを背中に付け、肩を落とします。

胸をしっかり開いて、腰を前に押しながら、首の緊張を緩め、目線は上

そのまま後ろに倒れていきます。

この後、かかとを掴んで、再び胸を開いて、腰を前に押して、後方を見て...

を繰り返していくのが通常のcamelポーズ。

そこからさらに、胸を天井の方に向けて、腰を前に押しながら

背中を後ろに曲げ、最終的に足の裏に顔を

肘を床に付けるというポーズです。》

 

数週間前から自分の足の裏を見るところまでは出来ていたのですが、

そこからができなくて。

 

この先生に習えることに心から感謝をしているとしたら、

今あるエネルギーを最大限に使えない私は最低だと思いました。

 

「やる」しか選択肢はありません。

 

結果、2回目のチャレンジで、先生と仲間に支えてもらい笑

背骨1本1本が曲がっていくのを確かめながら

初めての領域に達することができました。

 

その時皆からの拍手が聞こえてきて、

ゆっくりと身体を起こし、あらゆる場所のあらゆる細胞から

血液の流れに乗せてやってくるメッセージを受け取っていきました。

 

これが本当に気持ちが良い。

 

頑張った自分へのご褒美です。

 

そのまま先生にもたれかかって、

喜びを噛みしめました。

 

ヨガは一人でやるものですが、

努力を称えたり、一緒に苦しみを分かち合ったり、

共有できるところも魅力だと思います。

 

 

私はレッスンの後、ノートに思ったことをメモしているのですが

ある日

「苦しい...本当に苦しい」

と書いていたページを夫に見られて

心配されたことがありました。

 

私は苦しいという状況はマイナスだと思っていません。

 

苦しみと喜びは背中合わせ。

常にセットだということもヨガから教わったのです。

 

 

普段の苦しい練習に耐えてきた結果、

今日のような喜びが味わえたのだから。

 

 

 

私を変えてくれたヨガ。

 

心を動かして行動させてくれた師匠の存在。

 

 

 

私のところにカリグラフィーのレッスンにきてくださる生徒さんにも

そうなってもらえるように...

書く技術だけではなく、

精神的な強さ、安定感のようなものも届けられたらいいと思っているのです。

 

 

 

何事も一つのことだけではなくて、

全て繋がっているから。

 

もちろん、人との縁も含めてです。

 

 

 

これからも私なりの方法で、伝えていきたいです。

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

 

また更新します(^^)/

 

 

 

 

105日前

 

今日のレッスンの様子^^。

 

こちらは生徒さんが教えてくださった

ドイツ製の固形顔料 FINE TEC

ゴールドからシルバーのグラデーション。

カバー力があって伸びも良く、本当に書きやすいので

購入して以来重宝しています♡

おススメです(*^-^*)

 

 

そうそう!突然ですが...

 

これ↑を見て思ったのですが、

おとといの8日は満月でしたね。

(ゴールドの顔料がお月さまに見えてしまう(^^;)

 

 

何気なく普段の生活を送っていると気が付かないのですが、

ヨガをしていると色々なことに敏感になってきます。

 

なぜこんなことを書くのかというと、

ヨガが習慣化すると、今日は調子が良いとか悪いとか

日々違った自分に出会うことができます。

 

半年くらいになりますが、いつのもようにヨガに行った時、

レッスン中ずっと身体が重たくて

1本足で立つようなバランスのポーズで転ぶ、転ぶ...

 

その帰り、師匠に相談したことを覚えています。

 

「なぜか今日は調子が良くなかった。バランスを保つのが大変だった」

と。

 

すると、こんな興味深い答えが返ってきました。

 

「私もよ。

 

それはね....満月だから(ニヤリ)」

 

 

既にご存知の方多いかと思いますが、

気になった方は、月の満ち欠けと人体の関係を調べてみてください!

 

 

別の機会でも、

友達にヨガの帰りに車で送ってもらっている時、

「今日は満月だからね」

と言うので、その時師匠から聞いたことを話すと妙に納得しながら

何かを感じているようでした。

 

女性は特にその影響を受けやすいし、

それ以来私はカレンダーに月の満ち欠けを記入し、

意識して生活しています。

 

 

 

いままで太陽の動きに合わせて、

人の行動が変わるとは日頃から感じてはいたのですが

月もそうなんだということをこの時知りました。

 

月と太陽。

 

陰と陽。

 

表と裏。

 

 

両方のバランス.....

 

 

 

 

 

 

フランス人は感度が高い人が多いと思います。

 

先日私の友人のフルリストのHiromiさんとLINEで話している時にも

そのことについて熱く語っていたのですが、

"五感を大切にして生きている"

と言っていたことに激しく共感しました。

 

空の色とか、雲の形とか、公園に咲く花の香りにすごく敏感で、

人目を気にせず、音楽が流れると身体が勝手に動き出す...

豊さってこういうことだよな~と気づかせてくれます。

 

行列を作ってまで流行りのものを買い求めることはしないし、

自分の頭で考えること、感じることを大切にしているのだなと思う。

 

だからいつも等身大で自然体なんだなって。

 

ナチュラルは作るものではなくて、

滲じみ出るもの。

 

物質から(形から入る)ではなくて、精神的なものなんだと思っています。

 

 

だから、ヨガしたりカリグラフィーをすることで

いつも心を整えて、

日々の変化を敏感に感じ取れる人を目指しています。

 

 

 

 

自分で自分の感情をコントロールできるようにすること。

 

私も弱い部分をたくさん持っています。

傷ついたり、考えすぎたり、

反対に何気なくやったことが、結果的に人を傷つけた、気分を悪くさせてしまった...

ということだってあります。

 

その時はやり過ごすわけでなく、ものすごい悩みます。

 

しっかりその事実を受け止める。

私の場合は少し時間がかかってしまうけれど、

原因を考えて解決策を考える。

 

 

悲しいときは悲しむし、

辛いときは苦しむし、

 

無視してはいけない感情だと思っています。

 

 

.....

でもそれですべてを犠牲にしたりしない。

 

折れて身を滅ぼしたままでいてはいけないのです。

 

 

 

 

こんなことを言いながらも、

自分のダメなことろを今日もまた、反省するのです。

 

まだまだ未熟だな。

 

無知だな。

 

 

 

昨日よりマシな自分でいられるように、、、

 

また明日も頑張ろうって。

 

 

 

 

 

いつもそう思っています。

 

 

 

 

 

今日はゴールドの固形顔料から満月の話、

五感で生きること...

 

と、話が飛びましたが

最後で読んでくださりありがとうございます(*^-^*)

 

 

また、更新します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

106日前

 

 

カリグラフィーレッスン、やっぱり楽しい(*^-^*)

 

伝えることで、また何かを得ることができる。

 

 

いつも、そう。

 

 

 

こちらの生徒さんはこの日が初めてのレッスンでした!

 

お久しぶり!だった生徒さん。

 

 

この日からモダンカリグラフィーを始めた生徒さん。

 

ゴールを使って♡

 

 

今日も初めましての生徒さんとのレッスンがあり、

(ああ、写真を撮り忘れた(>_<))

また刺激を受けました。

 

同じ書体をやっていても、それぞれの目的があって

おもしろい(^^♪

 

目的が違うと伝え方も変わって来るし

反応する場所も違うので

勉強になります。

 

 

 

この夏はヴァカンスなしでレッスンをします。

 

今は乗馬がお休みなので、

ヨガとカリグラフィーに浸りながら送るパリ生活で

満たされています(*^-^*)

 

 

先日の私とヨガの師匠との会話

師匠「明日から、数日間パリを離れるわ」

「プチヴァカンスですか?」

師匠「ヴァカンス??

....

私は毎日がヴァカンスよ!」

 

 

本当に自由に生きていて、

心の底から人生を楽しんでいるのです。

でも、しっかりと地に足のついた生き方をしています。

 

フランス人って仕事をしない人達だと思いますか?

私の知っている人たちはものすごい働いています。

 

ただ、ダラダラ仕事はしていません。

休む時は休む。

メリハリがある生き方をしていると感じます。

 

やるべきことを時間内にやる。

肩に力が入っていなくて、無理せず毎日を過ごしている。

 

そんな印象。

感じたことを書いてみました。

 

 

 

話がズレてしまいましたが

この夏はレッスンを頑張ろうと思います(^^)/

 

この先は通常レッスンだけでなく、

WSもやりたいし

文字に関するイベントも提案していきたい。

 

大人の書道のクラスも始めたいし、

写経クラスとかどうだろう、とか。

 

 

 

色々と考える日々です^^。

 

 

 

これから

新しく学んだ書体のお手本を作ったり、

資料をまとめたりしようと思っています。

 

 

 

楽しいことは続けられる!

 

 

 

 

 

 

 

108日前

 

 

気が付けば、しばらくブログを更新していませんでした(>_<)

 

頭の片隅で、常に気にかけてはいたものの、

何か起きるたびに

「あ、これブログに書きたい!」と思いながら

日々のことに追われ、最近はパソコンに向かう時間も減っていました。

 

 

ここへ来て私のパリ生活が徐々に変わり始めていて、

やるべきことが増え、1日24時間という限られた時間の中で

何を優先してやっていくのか、どう時間を使っていくのか...

この数週間、身の周りを整えることで精一杯でした。

 

そしてその間、人と会ってじっくり話すという機会がありました。

 

自分のことを話した瞬間動き出す大きな変化に

驚きと戸惑いを抱きつつ、

得たものの大きさにはかえられないと思ったのも事実でした。

 

 

自分のことを全て知っている人は、この世に私しかいません。

 

自分を除くとその次に私のことを知っているのは夫だと思うのですが、

そこから、近しい友人、ブログ....となるとどんどん薄れていきます。

 

何故今になってこんなことを書くのかというと

何気なく自分の今の状況を話した時に

とってもおもしろい、もっと聞きたい!と言ってくれた人がいて、

話すことで、モヤモヤとしていたものがクリアになっていくのを感じ、

そこから新しいことが広がっていくのを感じたのです。

 

話さないと伝わらない。

 

共感してくれる人が1000人に1人でもいれば、

私の人生の中でかけがえのない存在になるという確信もあるのです。

 

 

・・・・・

 

それは私が好きなことについて話していた時のことでした。

 

カリグラフィー

そしてヨガ乗馬です。

 

 

今までにブログに書いたこともあったかと思いますが、

実は私、ヨガが大好きです。

 

どれくらい好きかというと...

 

行けるときは通うので、年間330回くらいは

プラティケしています。

 

ワクワク感や楽しさは一切ありません。

 

それは時に義務感に近い感覚を覚えるときもあり、

やらずにはいられなくなっています。

 

本当に中毒性があって、

レッスンが始まると、呼吸の段階で苦しくて

今日も来てしまったことを激しく後悔するのですが

終わる頃には心も身体もスッキリで、

「またすぐにヨガがしたい!」

そう思うのです。

疲れるどころか、やると元気になるのが不思議です。

 

別のブログを立ち上げようかと思うくらい

ヨガに関しては書きたいことが山ほどあります。

 

性格から、生活習慣、食べるものまで

ありとあらゆることに変化をもたらしてくれました。

 

外見的なことでいうと

2年前と比べると

体重は5キロ減り、身長は2㎝伸びました。

 

身長が伸びたと言うと、全員が笑うのですが

この年になって伸びるなんて、、、、

本人が一番ビックリしています。

 

これはただ、縮こまっていたものがヨガをすることで伸びたり、

本来の場所に位置したと考えていて、

このまま伸び続けることはないと思います(^-^;

 

決して痩せたくでヨガを始めたわけではありません。

 

食べたいものを好きなだけ食べたいし、お酒も大好き。

でもこのまま年齢を重ねていくことに恐怖を感じていました。

 

綺麗だな、素敵だな♡と思った人に何をしているのがと尋ねると

100%何かしらの運動をしていたので、

だったら運動しかないなと思って始めたのも一つのきっかけです。

 

数字、結果は後からついてきたものであって、

私にとっては今でもあまり興味のないことです。

 

ただこれは、資格試験と同じで、数字で示した方が、

人に伝わりやすいのですよね。

残念な事にどのくらい心境の変化があったかなんて

見ただけではわからないものなので...

 

ただ、内面(生き方)は

語らずとも表面(顔)に表れるな、と。

尊敬しているヨガの師匠(フランス人女性)を見ると思います。

本当にかっこいい♡♡♡

 

師弟関係、人生の楽しみ方など、ヨガで得たものは多く

今の私はヨガのことを隠せないほど今の生活の一部になっていて、

己を形成している大きな要素だということは間違いないのです。

 

 

カリグラフィーメインのこのブログにはあまり書いてこなかったのですが、

これから話をする上で省略することができないことなので

今回ヨガのことを書くことにしました。

 

 

 

私は自分のことを、相手から聞かれなければ語らないのですが、

共感してくれるだろうと判断した人には話すようにしています。

 

更に、その中で

“カリグラフィーとヨガと乗馬ををやっている”

と言った後、相手の反応を見るのが

実はちょっと楽しみなのです。

(面白いと言ったらいいのかな?)

 

バラバラに見えるこれらの分野、

私には1つの同じ点が見えていて、

あらゆる方向からその点に向かって繋がっているのを感じながらやっています。

 

でも、その点を一つの言葉にすることができなかった。

 

 

それが、先日話した時にその方が(Aさんとします)

一つのヒントをくれたのが

「バランス」という言葉でした。

 

これらはすべて、バランス感覚がないとできないことだと思う、と。

心と身体のバランス。

目に見えないもの、見えるものを含めた、あらゆるバランスです。

 

実際にこの3つをやっていて面白いと思うのが

聞こえてくる単語が同じだということ。

使う動詞が良く似ているのです。

 

それはやはりバランスを取るために使う単語だったり、

目指すところが同じだからだと思うのです。

 

カリグラフィーは運動ではありませんが、

身体を使って書くので、姿勢のとり方だったり、呼吸だったり、

気を付ける点は共通しています。

 

 

この3つの分野の共通点に気が付いてくれたのが

今までに3人。

 

1人はAさん、

残り2人は同じヨガスタジオに通うフランス人の女性です。

 

2人に共通することは、幼少期に乗馬をやっていたこと。

これって何か関係するのかな?

2人とも美人で頭が良い。

 

伝えた時の表情を見るとわかるのです。

彼女たちの頭の中で何かの点が繋がっている様子が。

あぁ分かってくれているなって。

 

彼女が発した言葉、

それは...

 

「瞑想/méditationだよね」

って。

 

バランス感覚、忍耐力、粘り強さ、集中力、共有、一体感、禅、修行、精神世界...

 

 

ああ、私が求めていること、好きなことってこれなんだなって

その時確信しました。

 

言葉にしてくれてありがとうって。。。

 

 

 

人に話すってすごい。

 

全員にわかってもらえなくてもいいし、そもそもそんなことは無理だから。

 

でも、話すことで先に進める。

確固たるものになる。

 

その感覚が今はとっても心地良いのです。

 

 

これはまた別の場面ですが

先週のカリグラフィーの研修で向かいに座っていたマダムの話。

 

研修中ずーっと集中して書いていて、先生に投げかける質問は細かくて...

勝手に親近感を持って、秘かに好意を寄せていました。

 

それが話している時、ふとしたことがきっかけで

彼女もヨガをやっていることを知りました。

 

「私は瞑想しながら書くのが好きなの」

「ヘブライ語の写経に興味があってね...」

 

と、話を聞けば聞くほど興味しかわかない言葉が続きました。

 

「でも他のみんなは違うわね」

「みんなは美しい文字を追い求めてやっているから、、、アート感覚でね」

 

ここで誤解があったらいけないのですが

彼女も私も、美しい文字が好きで書いています。

 

でもそれは表面上のことで、

それだけを求めているわけではなくて

書きながら、自分の内側と向き合っているのです。

 

半分精神統一のようなもの。

 

 

 

“自分”というものを表現するひとつの“手段”として

芸術は存在していると思います。

 

芸術家は胸の内に秘めるモヤモヤとした感情、

自分をどう表現したらいいのかもがき、苦しみ

それをキャンバスにぶつけるのだと思います。

 

しかし私は凡人過ぎて、そういうことがよくわからないのです。

私にそんな日が来るのかはわかりません。

 

まだまだ人間としても、カリグラフィーの技術も未熟だから、

表現者になれないのか、、、

では、人として成熟したらそうなれるのかといったら

 

何か違う気もします。

 

 

 

だから今は淡々と、

確かめるように呼吸をして、

流れに任せるように身体を動かし、

一本一本の線を書いていくだけです。

研修で習った、フラクトゥール。

ヨガ好きの彼女もこの書体が大好きだと言っていました。

本当に共感。

瞑想向きな書体です^^。

 

 

文字を長い時間集中して書く力、

これはヨガで益々鍛えられたと言っても過言ではありません。

 

バラバラになるどころか、それぞれを高め合っていると思うのです。

 

 

 

たがらこれらのことを上手く言葉にして

「あ、私もこれ好きです。」

「こういうのを探し求めていました!」

みたいなことが起こったらいいなと夢見ています。

 

そして、そんな人達と出会いたい。

 

これこそが私がブログを書く意味でもあります。

 

 

 

 

じわじわと湧き上がる幸福感。

幸せって、物質から得られるものではないのだと実感しています。

 

インプットとアウトプット(学んで、それを人に伝える)

たくさん食べて、笑って、

思いっきり身体を動かす!

 

 

これからも強くしなやかな、心と身体を目指して゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


 


 

 

今日は、これの続きを書いて寝るぞ~!

 

 

 

 

 

 

 

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

作者:sawa

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

小さいころから好きだった書道をきっかけに今度はパリでカリグラフィー(西洋書道)を勉強中!2つの「文字の芸術」を通して気付いたことや成長記録パリでの生活などを綴っています

7日 23 総合 105 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



sawaさん新着記事



過去記事

sawaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス落書き帳
2位 Ncpfrance
3位 フランス美食村
4位 グルメらくがき帖(フランス発信)
5位 パリ6区サンジェルマン村
6位 パリの保険屋さん
7位 アフリカ コーディネーター テレビ番組の取材や撮影コーディネーション
8位 パリ ロケ コーディネーター テレビ取材


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録