ようこそジモモパリへ!

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

30日前

 

 

 

今日のひと言。

 

 

日本語訳は行書体で書いてみました。

 

千の二画目は左を長くするとか、

里の六画目から七画目を繋げるなど、

つづけ字、くずし字にも決まりがあります。    

速く書くと自然にそうなるものなのかもしれませんが、

私の場合はひたすらお手本を臨書して

ある程度理解してから基本ルールを学びました。

 

日本語、特にくずし字は縦書きにすると本当にキレイです。

上の文字を受けて、繋がるように書いていく...

 

かっちり書く楷書は書いていて気持ちが良いですが、

くずし字独特の柔らかさは、日本語にぴったりだと思います。

 

あまり崩しすぎてしまうと読みにくいですが、

ほんの少し動きを出すだけで

大人っぽい印象になります。

 

インクの色も真っ黒ではなくて、

青や茶を使うことで更に優しい雰囲気になるので

どう見せたいかによって変えるというのは

技術なしで簡単にできるのでオススメです♡

 

書は基本的に白と黒の世界ですが

ペン字、特に手紙の場合は色で遊べるので

"その人らしさ"が出せると思います^^。

 

 

 

カリグラフィーはモダンにしました。

ガイドラインなしで肩に力を入れず、ラフな感じで書いてみました。

添えたイラストも適当です...笑

 

 

 

 

メイクや服装にはTPOがありますが、

文字も状況に応じで書体を使い分けるというのも

なかなか面白いものです(*^-^*)

 

難しく考えることはなくて、

相手のことを考えて

思いを綴るというとてもシンプルなもの。

 

それが文字の形であったりインクの色であったり、

筆記具、紙(便箋)に至るまで

あらゆる方向から拘るということに

魅力を感じます。

 

 

そういうちょっとしたことの積み重ねが

日常の豊かさに繋がると信じています(*^-^*)

 

 

 

 

書くことがやめられない。笑

 

 

 

32日前

アメンバー限定公開記事です。

34日前

 

 

今日のカリグラフィー。

カリグラフィーの基本文字はロンド体。

斜めに走り書きしたものはアングレーズの変化形。

 

使ったインクはこちら↓

レッスンの添削用に良いかも!

と思って買ってみたのですが、

書体によっては、液体インクってすごく扱いづらい...

(ボトルはすっごくかわいいのだけど♡)

 

勿論、買った以上は使いますが

私はやっぱりガッシュ派だな...

と確信(/ω\)

 

 

最近万年筆などで書いた手書きの文字も一緒に

載せるようになりました。

 

同世代のお友達に手紙を書く時に使う文字をイメージ。

目上の人に贈るときは大人っぽい字になるように少し変えて書きます。

お礼状などは崩さず楷書で書くのがマナーと聞いたことがあるのですが、

ほんの少し行書っぽくします。

丸く止めた文字は子供っぽくみえるので、

それの対極を目指して書いています。

 

筆記具も変えたりしますが、

万能なのはやっぱり万年筆。

青インクと黒インクがあると便利です。

 

 

書くことってやっぱり楽しい(*^-^*)

 

近いうちにペン字クラスも始めたいなぁ。

 

 

 

 

 

今日はこの辺で♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34日前

 

 

ここ数日、こんな感じの筆記体を書くのがお気に入りです♡

 

カリグラフィーは、どんなに速く書いているように見える文字でも

実際に書くときはゆっくりと書いています。

 

でも、これの場合はスピードがあっても大丈夫。

ポイントは単語ではなくてフレーズを一気に書き上げること。

一つ一つ単語のスペルをチェックしていると、

流れるように書くことはできません。

初級レベルのディクテが意外と良い練習になるのでは?

と思っています。

↑生徒さん手作りの

コーヒー染めの紙を使わせていただきました♡

仕上げにオーブンでカリっと焼いたそうです。

お菓子みたい笑

 

シワや染みが程よくアンティーク感を醸し出してくれて

良き感じです♪

 

........

 

先日、5月に挑戦した書道の昇段試験の結果が届いたのですが

無事に合格通知を手にすることができました。

 

今年の5月といえば、

受験するのを辞めようと思ったほど

バタバタとしていた時期でしたが、

やめる理由が普段より少し忙しいというものなら

できないわけがないと思って、

夜中に白目を剥きながら書き上げたものでした。

 

本来は朝早く起きて、新鮮な空気を吸いながら

書を行うのが理想なのかも知れません。

頭をフラフラさせて書くなんて最低ですよね。

 

でも、それくらい現代人にとって

何かを一定のペースで続けることって大変なのだと思います。

 

色々な選択があって、それを自由に選ぶことができるから。

 

 

だから多くのものを短期間で効率よく、習得したくなるのでしょう。

たくさんのものを削ってざっくりやる。

でも、最終的にそうやって手にしたものって、身になるどころか

さらに短い時間で消えていってしまものだと考えています。

 

だから私は長期戦が強いということを信じて

どんなことがあっても、書道は続けると決めています。

月末にかけて今月号の課題をまとめて、

秋の作品展の作品制作に取り掛かります。

 

 

体力と根性があることに関しては自信があるので、

って言ってもやっていることはカリグラフィーと書道なのですが(^-^;

必ずやり切って、日本で自分の作品を目にするという夢を実現させます。

 

 

近くの目標を細かくクリアしていって、

それを継続していく。

 

これなら私にもできる!

 

 

納得がいくまで頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36日前

 

 

最近ハマっている押し花とカリグラフィー。

この日はクゥレ体

右はその日本語訳。

 

お花とカリグラフィーのwsで使った

Coriandre pêcheとVibarnum opulusが

形を変えてこんなかわいいことになりました♡

 

 

そしてこれは今日書いたもの。

もっと洗練させたい。

これを書いていたらやりたいことが見えてきた゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

 

 

昨日はカリグラフィーwebレッスン生徒さんたちに

お手本をお送させていただいたのですが、

早速練習されたとの報告がありました(*^-^*)

基本、LINEで質問のやり取りをしています。

 

日本にいても続けてくださっているのが

本当に嬉しい(/ω\)♡

 

練習が終わって添削をするのが楽しみです♪

 

 

.....

 

今日は祝日ですが、

ヨガスタジオは年中無休。

 

やることを終わらせて夜のレッスンに行く予定です。

 

 

そういえば、昨日の記事の続きですが

人との繋がり、縁について最後に書いたと思うのですが

そもそもヨガを始めたのは、パリの師匠に誘われたのがきっかけでした。

これは仕事を辞めてからの話です。

今は別のスタジオで一人で通っていますが

それがあっての出会いだと思うと、感慨深いものがあります。

 

 

偶然ではなくて、

目の前で起きていることが"一つの物語"として続いているのだと

最近強く思うのです。

 

過去を消したいと思うことは何度もあったけれど、

それがあっての今なのだと気付き始めました。

 

そう思えるようになったのも

今日まで自分が決めたことを失敗と成功を繰り返しながら

続けてきたからかもしれません。

 

 

 

 

もう止まれない、前に進んでいこう。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

お問い合わせはこちらから♡

 

sawa@happycalligraphy.com

 

 

 

 

 

 

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

作者:sawa

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

小さいころから好きだった書道をきっかけに今度はパリでカリグラフィー(西洋書道)を勉強中!2つの「文字の芸術」を通して気付いたことや成長記録パリでの生活などを綴っています

7日 34 総合 87 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



sawaさん新着記事



過去記事

sawaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス美食村
2位 Ncpfrance
3位 パリ6区サンジェルマン村
4位 フランス落書き帳
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリの保険屋さん
7位 Taku's Blog++
8位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録