ようこそジモモパリへ!

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

なう

 

書道のお稽古でコツコツやってきた「臨書」*。

*手本を見て、その通りに書くこと

 

カリグラフィーでも同じようにやってみたくて!

お手本はこちら^^↓

欠けてしまったり、光りで飛んでしまって(自分が悪い(^-^;)

読めないところは空白にしました。

何十枚と石碑の写真を撮りましたが、

やっぱりこれが一番好きだったのです。

 

 

少し前のブログに書いた、ローマの

【アッピア街道】

ここで見つけたものです。

真っ青な空、

カラッとした空気、

さんさんと降り注ぐ太陽の光。

 

 

そして、この石と文字。

 

VIA APPIA ANTICA

 

最高!のひとことです。

 

 

 

去年のローマ旅行で購入した

コットンペーハーを使って書いてみました。

ザラザラとした質感がたまらない(*^-^*)

 

 

まずは右の普通紙で練習してから、

左のコットンペーパーで。

同じペン先、インクで書いているのに、

紙が違えばここまで違うのも面白い!

 

欠けているところを再現して紙をカットしようかとも思ったのですが、

線を引いて、今のところ何もしていません^^;

 

 

写真を印刷して、近くで比較。

あ~...一番大事なのカーブが外側に行き過ぎてしまった(T_T)

 

 

Trajanだけがローマンキャピタル体ではないんだよ!」

そう先生が言っていたのを思い出しました。

 

 

確かに、書道で楷書を臨書するといっても

"九成宮醴泉銘"と"高貞碑"では違うのと同じなのかなと

感じました。

 

自分の足で、この目で見て、

「いい!」と感じたものを臨書できる喜び。

書道をしていなかったらやろうとも思わなかったかもしれません。

 

自然と文字を習得する技を身に着けていたと思うと、

毎回同じことの繰り返しで、何も変わっていなと思ってやっていたこと(お稽古)が

遂に報われたのかも...なんて。

 

自分という最も小さな世界で、

勝手にやって

勝手に想像して

勝手に解決する

そうやって自身を励ましながら

少しずつ進んでいくのかな(^^ゞ

 

 

 

やっぱり文字の世界は面白い!!

 

 

 

 

 

昨日

 

 

先週、パリからオランダのキューケンホフ公園へ

日帰りで行ってきました(^^)/

 

 

1年でたった2ヶ月間の開園、

今年は3月23日から5月21日までだそう。

 

 

自宅から車でオルリー空港まで25分、

オルリー空港からスキポール空港まで1時間、

スキポール空港からキューケンホフ公園までバスで25分。

 

前後、多少の待ち時間はあるものの、

ストレスのないスムーズなアクセス。

キューケンホフ公園がお目当てなら、

北駅からタリス(高速列車)で行くよりも飛行機の方が便利だなと思いました。

 

 

・・・・・

 

公園付近はすでにチューリップの絨毯が広がっていて、

テンションが上がります(*^-^*)

 

2015年に来た時よりも進化していました( ゚Д゚)

こんな入り口なかった...!!

 

700万個の球根、全て手植えだそうです。

 

全ての写真、加工なしでこのキレイさ。

 

 

ムスカリが川のようになっていて....

あまりの迫力に言葉が出ませんでした。

 

 

モリモリチューリップ。

 

 

これも、

これも、チューリップ!

 

引きで撮っても美しい。

 

どの写真を載せようか、本当に迷います(>_<)

 

 

チューリップ、世界一の公園だそう。

他に見たことがありません(>_<)

 

 

風が吹いて、ゆらゆらと揺れるチューリップ。

 

こんなロマンティックな雰囲気のチューリップもあるのですね^^。

 

でも、なんだかんだ言って、

スタンダードの赤が一番好きだったり^^。

うわぁ!すごい。

 

 

来るたびに

「一生分のチューリップを見た~」

と思うのですが...

帰るころには

「来年もまた来たいな^^」って。

 

 

 

キューケンホフの思い出、

お土産に買ったチューリップとムスカリ。

 

帰りの飛行機。

オランダの厳しい荷物検査を心配していたのですが

この2つの鉢植えが一番最初に通過してきたという。。。

(なぜか他の荷物は引っかかりました(-_-;))

 

持ち出す分には大丈夫なのかな?

航空会社や入国の際に引っかかる場合もあるかもしれないので、

確認が必要です^^;。

 

 

 

 

いずれにせよ、無事に持って帰って来られたので

咲くのを心待ちにしています(^^♪

 

 

また、ブログに写真を載せますね!

 

 

 

2日前

 

 

アルファベットチョコレートでCALLIGRAPHIEと並べてみました^^

 

生徒さんからのお土産で、

ブルージュで一番有名なショコラティエのもの♡

いや~、

カリグラフィーの先生にアルファベットのチョコレートをお土産にするなんて...

センスある~(^ε^)♪

ありがとう♡

 

 

この日のレッスンは...

 

クゥレ体の続きでした♪

 

何とも言えない抜け感、

魅力的な線。

書こうと思っても書けない線です。

 

 

お手本通り書くことだけが大事じゃないって、

本当に思うのです。

来てくださっている生徒さんがどんな方なのか。

文字も大事な判断材料のひとつになっています。

 

隠そうと思っても隠しきれないキャラクターが

筆跡に表れているのです^^笑

 

これから、どんな紙やインクを選んで、

どんな文字を書くのか...

ひとつひとつの選択が積み重なって、

「そのひと」として形になるのです。

 

 

お手本の完全コピー(写し)なら、大量印刷された市販のカードでもいいわけです。

贈られる側は、「あなた」が一生懸命書いた文字が欲しいのですから(*^^*)

 

生徒さんそれぞれの良さ、個性を引き出せるように...♡

カリグラフィーで自分を表現してほしいと思っています(*^-^*)

 

 

これからが楽しみです!!

 

 

 

MERCI♡

 

 

 

 

 

かわいくって食べられないよ(/ω\)゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

 

 

 

 

 

ジモモ パリ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

 

 

 

3日前

 

 

 

先日の子ども書道レッスンレポです(*^-^*)

 

 

ありがたいことに写真掲載の許可をいただいたので、

かわいい生徒さんと一緒に私も登場!笑

 

4つの窓を作って...

「てんてんは何ばんの窓にある?」

「3番!」

といったやりとりをしていきます。

 

 

楽しく、わかりやすく、

レッスンの目的は

書くことを好きになってくれること。

 

そこが1番大事です。

 

 

今日も上手にできました♡

 

レッスンが終わったら、専用のファイルを持ってきて、

そこに全部しまってくれていました。

 

丁寧に、揃えて...

 

「もう、ファイルがこんなにいっぱいになったよ(*^-^*)」

と満面の笑みで...

 

 

 

やめて!泣いちゃうから(T_T)

 

 

 

 

 

 

これからいろいろな経験をして、感じて、

心豊かな人生を送ってほしいと願っています゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

一生懸命やってくださるので、生徒さんは毎回目まぐるしい成長を見せてくれますが、

同時に私も経験を積んで、一緒に成長させてもらっています。

 

 

本当にありがとう☆.。.

 

 

 

 

 

 

ジモモ パリ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

 

 

 

4日前

 

 

2週間のヴァカンスが明け、3学期のカリグラフィー教室が始まりました^^。

 

引き続き、ローマン草書体を勉強中。

 

これは先生が書いてくれたもの↓

道具による雰囲気の違いを見せてもらいました。

上:カラム

下:鉛筆

 

そして、真ん中のアイスの棒のようなもの。

何だと思いますか^^?

 

 

...な、なんとこれ、

"木製の舌圧子"(お医者さんが喉を診るときに、舌を押さえる器具)

なのだそう。

 

いや~そんなものまで筆記用具にしてしまうの∑(゚Д゚)

 

と、驚きを隠せない私でありました。

 

角を使って書いていくのですが(私もやってみました)、

言葉にするなら原始的な感じがしました。

シンプルでナチュラル。

書く言葉も変わってきそうな気がします(*^-^*)

 

 

毎週、本当に勉強になります。

 

 

・・・・・

 

 

カリグラフィーが終わった後、

数日後に日本へ帰国する友人とディナーへ行きました。

 

彼女とはここのカリグラフィー教室で出会い、

とても気の合う大好きなパリ友達でした。

 

彼女が探してくれたイタリアンで、美味しい食事とワインを飲みながら、

ヴァカンスで行った旅行先の話から今までのパリ生活の思い出など...

話に花を咲かせていました。

 

カリグラフィー教室を出たのが21h30、

ディナーが終わり、レストランを出たのは23h00、

最後に一杯飲んで帰ろうと、そこからすぐ近くのカフェに移動しました。

 

これを飲み終えたら帰るんだ...と思ったら急に寂しくなって、

注文した赤ワインをちょっとずつ、大事に口に含んでいきました。

 

「日本に行くときは必ず連絡するね!

また、会おう(T_T)」

 

そう言って別れた後

後ろ髪惹かれながらも、近くのメトロの駅へ向かいました。

 

 

ホームで電車を待っている時、

ふと携帯を開いたら母からメッセージが届いていました。

 

 

その時初めて、パリで発砲事件があったことを知りました。

 

 

それとほぼ同時に夫からの電話。

「公共機関では家に帰って来られないし、

何があるかわからないから、すぐにタクシーに乗って!

乗ったら必ず連絡して。」

 

自宅からの最寄り駅は通りは閉鎖されているようでした。

 

心臓がバクバクしてくるのを感じました。

フワフワとした夢のような時間から、

頭から水をかけられたように一気に目が覚めました。

 

その時はまだメトロのホームだったので、

スグに地上へ出て、タクシーを探しました。

 

 

無事にタクシーを見つけて乗り込み、

しばらくボーっとしてしまいました。

 

カリグラフィー教室でも、

レストランでも、

カフェでも、

全くそんな話をしている人がいなかったから。

 

前回のテロの時もそうだったけれど、同じパリ市内でも

一本道が違えば全く別の世界があって、別の時が流れているんだなと

うまく言えないのですが...タクシーの中でそんなことを感じていました。

 

 

運転手のおじさんも事件があった時間に、たまたま近くにいたと言っていたけど

「何も聞こえなかったよ」

と、なんともあっさりとした返事に少し驚きました。

 

 

だから、パリに住んでいるというと

「色々、怖くないですか」

と2015年以降聞かれることが多くなったのですが、

それに怯えて生活をストップさせるわけにいかないのです。

 

いつ、どこであるのかがわからない。

避けようがないというのが率直な答えです。

 

だんだんと緩くなっている荷物検査に

何とも思わなくなり、

「いやいや大丈夫でしょ、というかちゃんと見ていないじゃん」

と思ったのがつい最近。

 

油断はできないと、改めて感じました。

 

いつからこんな世の中になってしまったのだろうか...

亡くなった警察官の方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

珍しく青い空のパリとキレイなセーヌ川、

事件が起きる約2時間前に撮影。

 

私にとっては普通の日常。

 

普通って何だろう?

 

当たり前なんてないんだ...

そう思った昨日の夜でした。

 

 

それでも今日、

皆それぞれの1日を

精一杯送っています。

 

 

 

 

 

ジモモ パリ

 

にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
にほんブログ村

 

 

 

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

作者:sawa

とにかく書道(Calligraphy)に夢中です in パリ

小さいころから好きだった書道をきっかけに今度はパリでカリグラフィー(西洋書道)を勉強中!2つの「文字の芸術」を通して気付いたことや成長記録パリでの生活などを綴っています

7日 315 総合 43 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



sawaさん新着記事



過去記事

sawaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 フランス落書き帳
3位 フランス美食村
4位 パリ6区サンジェルマン村
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリの保険屋さん
7位 『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ
8位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録