ようこそジモモパリへ!

ふらんぽんー在仏日本女子コミュニティ

2日前

みなさまボンジュール!

やっと少―しずつ太陽が顔を出してくれる季節になってきましたね。早く公園でピクニックしたいちーゆーです。

さて本日はフランスで子育てしてて良かったな〜と思うところをピックアップしてみようと思います。いつもアンチフランスなことばっかり言ってますが、いいところもある!ということも子育てを通して少しづつ発見しています。

母乳育児じゃなくても母親が責められない

いやーもちろん赤ちゃんにとっては母乳がいいのは百も承知です。私が出産した病院でも最初はかなり母乳育児をお勧めされました。フランスはヨーロッパの中でも母乳育児率がかなり低めの国。病院で強く母乳教育をされたのを意外に感じました。

ある統計によると、フランスの出産時の母乳育児率は約70%!意外ですよね。でも時を経るごとにその数は減少し、1ヶ月後には半分に減少、さらに3ヶ月後には30%台まで減ります。

私もそもそも最初からおっぱいがたくさん出る方ではなかったので、今でも母乳とミルクの混合育児です。

でも『それでもいいのよ』って助産師さんから認めてもらえた時は、『母乳で育てなきゃいけない!』というプレッシャーから解放されました。出産直後の不安定なホルモンバランスで、情緒不安定だったのでその言葉にかなり救われました。

日本では昔から『母乳で育てなきゃ子供がかわいそう』とか『ひどい母親』呼ばわりさる印象でした。混合で育てた自分の母親でさえ『完母がいいに決まっている』と言ってましたからね。

子供中心ではないスタンス

日本では子供が生まれた途端、なんでも子供中心に生活が回り始めますよね。でもおフランスではご存知のように夫婦の時間も大切にするというのが基本です。大人の用事(家族や友人でのお食事会)などに子供を連れて行くのは可能でですが、あくまで大人が中心。

先日家族でご飯を食べる機会があった時に、義両親があまりに大きい声で喋るので(そもそも耳が遠いので声がデカい)寝ている子供が起きるのでボリュームを下げて欲しいというと『赤ちゃんなんて基本寝て起きてを繰り返すんだからいいのよ!』って言われました、汗。それはそれでカチンとくる一言でしたが、やっぱ背景には『大人中心』な精神が潜んでいるのでしょうね。

友人とご飯を食べる約束をしても最初に出てくる質問が『子供連れてきていい?もしくは大人のみの集まり?』

日本だとデフォルトで子供つきだと思うのですが、やっぱりその辺はおフランスだなーと思わされます。仲良くなる友人も年代を超えて仲良くなるパターンが多いし、子育て終えてる友人だっていますからね〜

でもいいことばかりではないフランス子育て

さて、ここまでフランス式子育てって典型的な正解がなく、自分が信じる道を進んでいっていいんだなーと、ポジティブなことばかり書いてきましたが、実はめんどくさいこともあります。

フランス人ってカップル間のことに関しては義理家族や友人が口を挟んでくることはないのですが、子供の教育に関してはみんな好き勝手なことを言ってきます。見ず知らずの人に、あんたに関係ねーってことまで勝手にアドバイスされることもあるくらい。

ありがたいやら迷惑やらでちょっと複雑な心境です。まーそれは日本にいても同じことでしょうけどねー、涙。

でも見ず知らずの人から受けるちょっとしたアドバイスの中にも参考になるものもあるのでこれはこれでありがたく受け取ります。

いかがでしたか?日本でも子育てに関する変化は常に起こっていると思いますが、いかんせん日本人は正解を求める民族。でも『こうしなきゃいけない』という概念から解放されて、両親がどのように育てて行きたいかを夫婦でもよく話し合い、考えをすり合わせて子育てして行くフランス流の子育ても悪くないな〜と思ったのでした。

 

6日前

ボンジュール!

ふらんぽん読者のみなさまの中には、

フランスで子どもを産んだよ!フランスで子どもを産みたいよ!

という方もいることでしょう。

ただでさえ人生の一大イベントでわからないことだらけなのに、異国の地となると文化や習慣も違うため不安になってしまうこともありますよね。

そこで今回は、フランスでの出産祝いとお披露目について、私の経験をもとにご紹介します。

リスト・ド・ネッサンス

効率的といえば効率的?

結婚式の時に「Liste de mariageリスト・ド・マリアージュ」というシステムがあるというのを以下の記事でもご紹介しましたよね。

結婚式お呼ばれの方必見!知っておきたいフランスのご祝儀の仕組み

出産のときも同様に、リストと言うものがあります!

近年はオンラインで購入&支払いが一般的になりつつありますね。

我が家はこのリスト形式にしましたが、友人の中にはCagnotteキャニヨットといって、お金を集めるシステムを利用する人も。

もちろんリストもキャニヨットもしないという人もいるのですが

友人たちいわく「リストがあったら、本人たちがほしいものをプレゼントできるし活用してもらえる」ため好評でした。

病院訪問は親しい人のみ

出産後の病院訪問は親しい人のみというのが常識とされています。

ただし注意したいのがこの「親しい人」の定義ですよね(笑)日本とおんなじー(笑)

我が家は義両親が毎日お見舞い&孫の顔を見に来ていました。

後は私と旦那の共通の友人、病院勤務の義理の叔母くらい。

訪問があるときも授乳の時間とかぶらないようにと夫が調整してくれたのでとても助かりました。

思ったより訪問も少なく、驚きの訪問客もいませんでした(笑)。

退院後すぐに始まるお披露目の連続…

さて退院当日、早速「ちょっと早いとは思うんだけど会いに行きたくって…」との声がかかります。

退院したのがお昼頃だったので夕方に会いに来てくれることになりました。

折角なので義両親も呼んで軽くアペロにしたわけですが、まさかの初日から4時間近くのおしゃべりタイム…

まぁ確かに出産とか子どものこととか、積もる話もあったんだけども体力的に…っ涙

 

そこから、まさかの毎日アペロかディナーという日が2週間も続きました( ゚Д゚)

いやいやいやいや、体が持たん!!!

義両親が気を遣って「うちでアペロにすれば準備もいらないし、帰りたいタイミングで帰れば良いよ」と言ってくれたのですが

産後間もない赤子を厚着させ(10月末出産のため)、不安定な授乳時間を考えながら大量の荷物とともに移動するのは大変でした…

移動がない日は我が家でアペロかディナーだったので、家の掃除やらちょっとしたおつまみの準備やらでバッタバタ。

自宅でのアペロやディナーだと当然時間がかかるし、自分たちから「そろそろお開きに…」なんて言えるわけないのですが、

たとえ義実家に行ったとしても2~3時間ほどは滞在するのが普通でした。

(そりゃー乾杯だけで帰れるわけもないですよね汗)

ただでさえ初めての子育てでわからないことだらけなのに

自宅でのアペロ、義実家の往復でもう、この頃の記憶はほとんどありません(笑)

内祝いの習慣はナシ!お礼状を送ろう

効率主義的なところがあるフランス、出産祝いを頂いたら半返しは?と旦那と話していると

「フランスはそういう習慣はない。お礼状送ったり電話でお礼したりする」とのこと。

ほえーびっくり!!

遠方からお祝いを贈ってくださった方々には電話&お礼状で対応しました。

近くに住んでいる人たちはアペロやディナーに招待し直接お礼を言うことにしたため

再び食事会の嵐。

準備は大変でしたが、色んな方からお祝いを頂いたり子どもと会うのを楽しみにしてくれていたりと、とてもありがたかったです。

 

日本では経験がないためわかりませんが、初めての出産で戸惑うばかりの日々に

連日のアペロは正直キツかった…

しかしその反面、こうやってお祝いしてもらえることがとても嬉しく

人と会って話す機会を多く持てたことで息抜きになったのも事実です。

たくさんの人が息子の誕生を喜んでくれたこと、大きくなったらしっかり伝えていきたいなーと思います。

9日前

温かくなってきましたね。5月の連休に向けてどこかいい場所ないかな~と思っているふらんぽねーすの皆様にお勧めしたいのが、ブルターニュのDinard(ディナール)!!

海沿いのセレブ感漂うリゾートです。

ディナールは「北のニース」という別名もあって、19世紀にイギリス人やアメリカ人の高級リゾートとして人気になり、お城のような別荘がたくさん建てられました。

そのブームが終わった後は、セレブなパリジャンやピカソやフジタなどの芸術家に愛される観光地となり、現在もたくさんの別荘が残されています。

夏になるとびっくりするほどパリナンバーの車が駐車場に並びます。

といってもブルターニュの地元住民や私達のように海の無い街に住んでいる庶民にとっても憩いの場。

先月も暖かい日を狙って行ってきました。

3月だというのに既に人がたくさん!これからのバカンスシーズンの盛り上がりを予測させる賑わいで、何だかワクワク。

はい、前置きがすっかり長くなりましたが、ディナールが人気な理由はこれ!

①ロケーション抜群のレストランで海の幸を堪能!

海の幸が豊富なブルターニュですから、レストランの味は補償済み。その上ロケーションも抜群。窓のすぐ下は海。暖かい日は大きな窓が開け放たれ、太陽の自然な光と心地よい潮風がリゾート気分をいっそう盛り上げてくれます。もう動きたくないって感じ!

写真引用:http://printaniahotel.com/restaurant.php?Langue=fr

 ②観光船が楽しめる

ディナールからはたくさんの観光船が出ています。最も手軽なのはSaint-Malo(サン・マロ)行きの船。バス感覚の片道10分の乗船。

たっぷり船を楽しみたい方はガイド付きのCap-Fréhel(カップ・フレアル)行きがお勧め。岬の先端に建てられた19世紀のお城を海から眺める2時間半(往復)のコースです。

自然溢れる無人島で思いっきり海水浴を楽しみたい方にはCézembre(セザンブル)島がお勧め。片道20分の乗船で、島の滞在時間は6時間。たっぷり楽しめます。

他にも牡蠣で有名なカンカルまで行く船もあります。

詳しくはCompagnie Corsaireをどうぞ

③長い海沿いの散歩コース

ディナールにはいくつかのビーチがあり、それを繋ぐように長い長い散歩道があります。海を挟んで見えるのはサンマロの美しい町並みと崖上に立つお城のような古い別荘。

途中見晴らしの良い展望台や、海水を引き入れて作ったプール、カジノやカフェの立ち並ぶ賑やかな町中を通り抜けたりと次々変わる景色は飽きることがありません。

④波の穏やかな海

ディナールの海はエメラルドグリーンで、波が静か。白くてサラサラの砂浜は南のリゾートを思わせます。夏になると観光客用にカヤックやスタンドアップパドル・サーフィンが貸し出され、砂浜にはカフェがオープンします。

昨年私もここでカヤックをやってみましたが、サンマロの港近くや小島まで渡るコースは景色も素晴らしく、波も静かで力のない私でも楽しめました。

 

ディナールはパリからだとTGVでサン・マロ経由で最短3h4min。意外と近いでしょ。

皆さんぜひ来てください!!

 

11日前

ようやく春の暖かさが感じられる今日このごろ。春といえば出会いと別れの季節。もしかしたらこの春からフランス移住ってこともあるのでは?
今回はナント(および近郊)に住むことになった人向けにピンポイントでナント市の生活情報をまとめてみました。
って私、ナントには住んでませんけどね。あしからず。汗

ナントの位置

ナントはフランス北西に位置します。地図で見るとこんなかんじ。

引用:https://vol-avion.gralon.net/vols/vol-paris-nantes-26_236.htm

フランスでは5番目くらいに大きな街で、パリからだとTGV(フランスの新幹線)2時間、車だと高速のって4時間くらいです。

気候と交通

トラムという路面電車(スピードはめっちゃ遅い)で市を横断すると大体1時間強。

トラムはこんなかんじ

他都市への移動はレンヌへは比較的近く普通電車で1時間20分くらい。アンジェまでは1時間くらい。

気候に関して夏は日本ほど蒸し暑くなく、天気によっては寒いときもあるので、長そでの羽織れるものがあれば安心です。また、冬は深夜から早朝にかけてマイナスになる日もありますが、日中はコート、マフラー、手袋にブーツといった基本防寒着があれば大丈夫です。

 街中心地の様子

トラムの「commerce(コマルス)」駅周辺がナント市の中心地で、映画館やレストラン、大型書店など様々な商業施設が揃っています。

コマルス近くの様子

コマルスにはフランス大手書店fnacも

また、ロワール川に中州のような島があり、「Île de Nantes(イル・ド・ナント)」と呼ばれています。

アジア食品店

アジア食材店はナントに点在していますが、コマルス駅から北に向かうと「Mon Panier d’Asie Nantes」というアジア食材店があります。お店の雰囲気は少し高級なイメージで、日本食材も結構販売されてます。
あとはブッフェ通りの広場奥にアジア食材店「Indochine」が。こちらは日本だけでなく、アジアの食材がたくさん売られており、カレールーやわかめスープからみりんなどの調味料が販売されていて庶民派な雰囲気です。

安全情報

比較的大きな街なので、物乞いや屋外で物売りをしている人も多いです。そういう人から声をかけられたら無視し、なるべく近づかないように
また、私自身は被害にあったことはないけれど、友人のフランス人女性はコマルス地区中心にある職場からの帰りに夜道を歩いていたら、後ろから男性二人組のひったくりに遭遇。カバンを取られないよう抵抗したところ、道路に転倒し頭を縫う大けがをしました。怖すぎる・・・!日本と同じように夜間はなるべく人通りの多い道を選びましょう。
 トラム「Mandes France Bellevue」駅の周辺エリアは治安があまりよくないらしいので要注意。
パリほどスリは多くないと思いますが、

  • 貴重品の入ったバッグはジッパー付きのものにして、常に手元に!
  • 怪しいと感じた人は避け、なるべく目を合わせないよう、素早く通り過ぎるなど対策を!

以上、慣れない海外生活の少しでもお役に立ったら幸いです。
ナントの観光スポット、おすすめイベントなどはまたの機会にご紹介したいと思います♪

13日前

ボンジュール!

異国の地で生活すると、今までの生活とあまりにも違いすぎて慣れるのは大変なものです。

特に私たち在仏日本人からすると、フランスの不便な部分ばかりが目に行ってしまいがちですよね。

ところが、便利で生活しやすいなーと感じていた日本での生活ですが、フランス人からすると「こういうところって不便だなぁ」と感じることも当然ながらあるようです。

そこで旅行や留学などで日本に行ったことがあるフランス人が、日本で不便だと感じることについて聞いてみました。

現金でしか支払えない場所が結構ある

近年はだいぶ少なくなってきましたが、それでもカード払いが出来ない場所って意外とありますよね。

確かに、現金で支払うシーンの方が圧倒的に多い日本と比べて、フランスはカード社会。

しかも日本は新しい建物も多くテクノロジー社会だと思っているフランス人も多いため、

まさかカードで支払えないとは想像もしていなかったという声もありました。

まぁ私も現金を使うのはパンを買う時とマルシェくらいなもので、お財布に小銭しか入ってないことも多々。

そんな生活に慣れてしまうと、いちいちお金を出すのが面倒になってしまうのも納得してしまいます。

銀行ATMが24時間じゃない!コンビニだと手数料がかかる!

フランスの銀行ATM、24時間営業しています。

しかもATMの手数料、自分の銀行ATMならいつでも無料。

他行でもひと月に〇回までなら無料というところもあります。

それに比べて日本のATMは時間が決まっていて、いざという時はコンビニ頼り。

しかもコンビニの場合には手数料がかかってしまいますよね。

銀行の窓口が閉まるのが早い!

確かにフランスの銀行窓口って日月休み!

平日は18時頃まで(お昼休憩は取ってるけど)、土曜も午前は開いていますよね。

そのため平日仕事で銀行関係の手続きに行けない時なんかは土曜に予約を入れればOK。

でも日本の銀行って平日の15時頃までだし土日は閉まってる所がほとんど。

平日お仕事の皆様は都合を付けるのが大変ですよね。

自動車のスピード制限遅すぎる

フランスでは一般道90 km/h(街中は50 km/h)、高速道路は130km/hが一般的。

それに対して日本の速度制限って、一般道は60 km/h、高速道路は100 km/hですよね。

運転に慣れている人からすると、とーってもゆっくりなスピードで走っている感覚になりますよね。

以前一時帰国した時も、ついついスピードオーバーしちゃいそうになって焦りました(汗)

 

いかがでしたか?

やっぱりどこの国に行っても、自国と違うところは目についてしまうものですよね。

幸い友人たちは「いやでも日本は本当にサービスも良いし便利だし最高!」と褒めまくってくれたのは嬉しかったです。

私もついフランスの不便な点ばかりを気にしてしまいがちですが、もっと良い部分にもしっかり目を向けていかなきゃなー♪

ふらんぽんー在仏日本女子コミュニティ

作者:franpon

ふらんぽんー在仏日本女子コミュニティ

フランス各地から日本女子が本音で語るウェブコミュニティ

7日 27 総合 155 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



franponさん新着記事



過去記事

franponさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス美食村
2位 Ncpfrance
3位 フランス落書き帳
4位 パリ6区サンジェルマン村
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリ ロケ コーディネーター テレビ取材
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 アフリカ コーディネーター テレビ番組の取材や撮影コーディネーション


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録