ようこそジモモパリへ!

Mayu's Kitchen Oishi Paris Life  まゆ’sキッチンおいしいパリ

6日前

Happy to serve dinner for clients at their  HOME.

今回はこちらのお宅で出張シェフ。

Mayu’s Kitchen est heureux de servir le dîner pour mes clients chez eux.

The hostes is French Madame, Her table setting is again beautiful and chic, like last time. And her dishes are gorgeous antiques. Her request is light & summery French cuisine, with a touch of japanese spices. Yuzu – japanese citron goes well, so I shall make again this dish as she requests.

白いテーブルクロスがお嫌いなマダム、前回に続き今回もテーブルアレンジが素敵で夏らしい。そしてお皿もアンティークで素敵すぎる。 ここのマダムはフランス人。だから、やっぱりフランス料理をみんなに食べてもらいたいらしい。しか〜し、和食も大好きなので、和食のエッセンスを入れて欲しいとのご依頼がありました。ゆず風味が好きだからこのお料理を再度リピート!

L’hôte est madame française, son décor de table est toujours beau et chic, comme la dernière fois. Ses plats sont des antiquités magnifiques. Sa demande est une cuisine française légère et estivale, avec une touche d’épices japonaises. Yuzu – le citron japonais va bien, donc je vais refaire ce plat comme elle le demande.

The host wishes to open his excellent Bordeaux wine, so, shall I prepare some cheeses that can good marriage with. I am happy, if clients are happy. Mayu’s Kitchen is always Win & Win Private Chef service.

開けるワインもすごいんだな。。。これに合わせてチーズの盛り合わせもご用意しています。 ご家庭に出張シェフ、いつもの台所がレストランの厨房に早変わり。 皆さんもどうぞ体験してみてくださいね。

L’hôte souhaite ouvrir son excellent vin de Bordeaux, alors Je prépare des fromages qui peuvent bien accompagner. Je suis heureuse, si les clients sont heureux. Mayu’s Kitchen est toujours un service “Win & Win” Private Chef.

Information:

Mayu’s Kitchen’s Private Chef Service

Why you choose Mayu’s Kitchen?

Chef’s Menu  – August/ Sep 2017

保存

保存

保存

保存

9日前

What do artichokes taste like? How to eat this odd looking veggies? “artichoke”? 

アーティチョークってどうやって食べるの?

Commet on pexu manger  “L’artichaut”?

Artichoke is not popular veggetable in Asia. Although we can find it in Italian delicatessen, restaurant, or in fancy jar, fresh artichoke is very different from  the “ready to eat” .

ヨーロッパやアメリカではとってもポピュラーな野菜, アーティチョーク。 レストランで食べて一目惚れ、でも、実際、どんな野菜か探してみたら、さっぱり食べ方がわからない!という生徒さんがMayu’s Kitchenに沢山来ます。

L’artichaut est pas légume populaire au Japon/Asia. Même si Je puex le trouver en épiceries fines italiennes. L’artichaut frais est très différente de la «prêt à manger»

DSCN9302

The artichoke refers to both the whole plant and the part consumed as a vegetable. In fact, the edible part results from the bud of the flower, which is commonly called the “heart of artichoke”. To taste, artichoke develops sweet aromas, probably due to the strong presence of inulin. There is also a slight taste of nuts, celerytic, lemon. The heart of artichoke is sweet, tender and creamy.  Some would compare it to Brussels sprouts, however, the artichokes had no bitterness.

フランス風のアーティチョークの食べ方は 手のひらほどの「つぼみ」を茹でて、少し肉厚になった萼やつぼみの芯を食べます。萼をすべてひっぺがえした芯の部分「アーティチョーク・ハート」は、なんとも、素朴で優しい甘さ、ホクホク、ソラマメ?ゆりね?海老芋?たけのこ?ナッツ?を合わせような風味があるんです。

L’artichaut fait référence tant à la plante globale, qu’à la partie consommée en tant que légume. Dans les faits, la partie comestible résulte du bouton de la fleur, ce qu’on appelle communément le « cœur d’artichaut ». Au goût, d’artichaut développe des arômes sucrés, probablement dûs à la forte présence d’inuline. On dénote aussi un léger goût de noix, celeriatic, citron. Le coeur d’artichaut est doux, tendre et crémeux. Certains le compareraient aux choux de Bruxelles, cependant, les artichauts n’avaient aucune amertume.

料理の仕方はシンプル。とりあえず、20〜30分茹でる!!その後、むしる、たべる、むしる、たべる。。。無言で格闘しましょ(笑)前菜として、ビストロや田舎の家庭で登場するアーティチョークの一番シンプルな食べ方です。マヨネーズや溶かしバターをつけてどうぞ。 そして、どんどんむしって、最後はこの真ん中のアーティチョークハートを食べるんです。ここまで一苦労。でもここがおいしいんですね〜〜残り物には福がある。まさにアーティチョークハートのことです❤️

DSCN9428How to Cook and Eat an Artichoke
1 or more large globe artichokes/ 1 bay leaf / some thyme / 1  lemon

1 Cut excess all stem.  Alwasy use lemon juice to stay “white” colour.
2 Trim off leaves by bread knife or iull off  leaves towards the base and on the stem.
3 Slice about 3/4 inch to an inch off the tip of the artichoke.
4 For nicer looking, trim off, top of leaves.
5  In a large pot,   Add the artichokes.  put hot water, the lemon, and a bay leaf and thyme.Cover. Bring to a boil and reduce heat to simmer. Cook for 20 to 30 minutes or until the outer leaves can easily be pulled off.

Artichokes may be eaten cold , but it is  better hot, just bring out of the pot. They are served with a dip, melted butter, olive oil or mayonaise. My favorite dip is mayo!

1 Pull off outer petals, one at a time. Dip white fleshy end in melted butter or sauce. Then keep eathing until all the petals finish.
2. With a knife or spoon, scrape out and discard the inedible fuzzy part (called the “choke”) covering the artichoke heart. The remaining bottom of the artichoke is the heart.

アーティチョークのフランス風、食べ方

  1. アーティチョークは洗い茎を折る(繊維が硬く包丁で切れにくいので、体重をかけて折る)。
  2. 外側の葉を取り、底の部分をナイフで整え、表面にレモンを塗る(酸化して真っ黒に変色するため)。
  3. 次に花の先を1~2センチほど切り落とす。
  4. 大きな鍋にアーティチョークを入れ、変色防止用にレモン、ローリエやタイム、塩小さじ1、水をいれ蓋をしてゆでる。浮かんでくるので落し蓋を忘れずに。
  5. まず強火、沸騰してきたら火を弱め、湯がポコポコするくらいの火加減で20~30分ほどゆでる。
  6. 底の芯の部分にナイフを刺して煮え具合を確認する。またはガクを1枚引っ張ってみて、スッと外れたらOK。お湯から引き上げ、逆さまにして水を切る。
  7. 食べ方;外側の固い切片を一枚ずつはがし、根元をドレッシング(マヨネーズや溶かしバター)につけて、歯で内側の柔らかいところを剥ぎ取るように食べる。
  8. 外側のガクをたべていくと、アーティチョーク内側、毛に覆われた芯(heart)がみえる。ここがビン詰や冷凍で売られている一番美味しい部分。毛を丹念に取り除き芯を切って食べる。(真ん中のフカフカの毛部分(choke)食べられません。)

DSCN0029

La BASE de Artichaut

1 ou plusieurs  artichauts /1 feuille de laurier / thym/ 1 citron
comment-faire cuire-manger artichaut.
1 Coupez l’excès découlent tous. Toujours utiliser du jus de citron pour rester couleur «blanche».
2 Coupez les feuilles par couteau à pain ou de retirer les feuilles vers la base et sur la tige.
3 Coupez toutes les feuilles de l’artichaut au 1/3 supérieur pour enlever les pointes sèches
4 Pour mieux regarder, couper, en pointu des feuilles.
5 Dans une grande casserole, ajouter les artichauts. mettre de l’eau chaude, le citron, et une feuille de laurier et thym.  Porter à ébullition et réduire le feu pour laisser mijoter. Cuire pendant 20 à 30 minutes ou jusqu’à ce que les feuilles extérieures peut facilement être retiré.  (referecce; le cuisinons les legumes)

Comment manger un artichaut
Artichauts peuvent être mangés froids, mais il est préférable chaud, juste faire sortir du pot. Ils sont servis avec une trempette, le beurre fondu, l’huile d’olive ou de la mayonnaise. Mon plongeon préféré est mayo!
1 Retirez pétales extérieurs, un à la fois. Trempez fin charnue blanche dans du beurre ou de la sauce fondu. Puis continuez jusqu’à ce que tous les eathing pétales terminent.
2. Avec un couteau ou une cuillère, gratter et jetez la partie floue non comestibles (appelé le “starter”) couvrant le cœur d’artichaut. Le fond reste de l’artichaut est le cœur.

quatre-artichauts-autocuiseur
フランス Artichaut-アルティショーの種類。 

アメリカやヨーロッパではよく食べられている野菜アーティチョーク(Artichoke)和名はチョウセンアザミ(朝鮮薊)グリーン・アーティチョークもパープル・アーティチョークも雑種なのか、見た目がバラバラ。フランスでのArtichaut-アルティショー(アーティチョーク)の品種分けは、「Artichaut – Wikipédia」を見ると、“blancs(ブラン・白)”と“violets(ヴィオレット・紫)”に分けられ、violets(ヴィオレット・紫)の中に“épineux(エピノー・トゲあり)”があるらしい。

Les blancs(白) :

  • Le camus ou camus de Bretagne(カミュやカミュ・ドゥ・ブルターニュ) : 最大アーティチョーク (300~500グラム/個)。茹でるか蒸して、ビネグレットソースやマヨネーズやサワークリームで食べられる。アーティチョークのファルシ(詰め物)にすることができる
  • Le (gros) vert de Laon((大)ヴェー・ドゥ・ラン(緑のラン)), vert d’Italie(ヴェー・ディタリア(緑のイタリア)) ou tête de chat(または、テト・ドゥ・シャ(猫の頭)) : カミュの近種
  • Le castel(カステル) :カミュの近種
  • Le blanc hyérois(ブラン・イエオワ(白いイエオワ)) : 特に生で食べられる
  • Le Macau(マカオ) :
  • Le blanc d’Espagne ou tudela d’Espagne
    (ブラン・デスパーニュ(白いスペイン)または、トゥデラ・デスパーニュ(トゥデラのスペイン))
  • Le sakis de Turquie(サキ・ドゥ・トルキイ(トルコのサキ))

Les violets(紫) :

  • Le violet de Provence ou bouquet(ヴィオレット・ドゥ・プロバンス、またはブーケット(花束)) : とても小さく(未満100グラム/個)。通常は加熱して食べる。若いときに生食することができる。サラダで特においしい、ビネグレットソースと、バリグール、ファルシ、croque-au-sel(クロコ・セル(塩を付けて食べる?))、ピュレ、ビロードやベニエ。
  • Le violet de Venise(ヴィオレット・ドゥ・ヴェネツィア)
  • Le violet de Toscane(ヴィオレット・ドゥ・トスカーナ)
  • Le violet romanesco(ヴィオレット・ドゥ・ロマネスコ)
  • Le violet Romagna di Chiogga(ヴィオレット・ロマーナ・ディ・キオッジャ)
  • Le violet catanais(ヴィオレット・カターニア)
  • L’épineux(トゲあり) : ainsi qu’en Sardaigne (spinoso sardo) et en Sicile (épineux de Palerme)(サルデーニャ(スピノーゾ・サルド(トゲのサルド))とシチリア(エピノー・ドゥ・パレルモ(トゲのパレルモ))) ; 生食される。柔らかく、サクサクした口当たり。

保存

保存

52日前

7月料理教室 in 香港/July Cooking Class Schedule

7月:いつもの夏料理に、洋風の新風を吹き込んでみませんか?そして子供の夏休みを利用して親子でお料理学んでみませんか? フランス料理は敷居が高い!と思っているあなた、目からウロコ!家庭でもできる、簡単おもてなし料理のコツ、家庭料理がおしゃれに変身するプロの盛り付け技術など。外務省の晩餐会、コルドンブルー仕込みで、街に出回る旬の食材やオーガニック野菜の使い方を教えます。少人数&プライベート、アットホームな雰囲気で楽しくお料理を作りましょう。まずはご連絡をお待ちしております。①ご氏名、②電話番号、③ご希望日をご記入の上Mayu’s Kitchen:  http://mayu-kitchen.com/ または、EMAIL: contact@mayu-kitchen.com までご連絡ください。

 

◆7月のフランス料理レッスン予定:平日11~14時

3(月)満席, 6(木),13(木), 14 (金) ,17(月),18(火) ,20(木), 21(金)

◆7月の親子deお料理教室: July Kid’s cooking class: 

夏休み中Mayu’s Kitchenでのお料理教室の場合は、2~4組の友達の親子と一緒に、平日11~14時で可能な日程をご提案な上、お申込みください。

お子様(4歳以上)と一緒に親子でピザ+サラダ+デザートを手作りして、またはお寿司やケーキデコレーションなどのメニューも可能。作ったものをランチとして召し上がっていただきます。 (11~14時:子供380HKD+大人680HKD)   ** お子様のバースデー、週末の場合はMayu’s Kitchen開催ではなく、出張シェフとして、お客様ご指定のイベント会場/ご自宅にて子供/親子レッスンをお受けいたします。

現地にお住まいの方は割引のきく6回/12回コースのお申し込みで毎月1、2回参加を勧めています。

外国人のお客様に大人気の和食や創作料理等も教えています。英語、フランス語でレッスン可能。外国人のお友達やご家族ともご参加いただけます。

*メニューはオーガニック農家直送野菜で毎回必ず変わりますので、採りたて旬の野菜の使い方、シーズンに合わせてたフランスの食文化や料理の調理法、盛り付け方等が学べます。同月に複数回ご参加されてもメニューが重なる事はありません。

*ご自宅でお友達(6人以上)を呼んで出張料理教室/グループレッスンご希望の方はお早めにご連絡ください。
*学校、お子様のお迎えなどで時間の調節なども対応しています。

——————————————————————–

日程(Time) :フランス料理コース  start  11:00~

受講料(Price) 800HKD (単発クラス), 750HKD/回((6回コース), 700HKD/回 (12回コース: または一括払いがご無理な方は 最終回のクラスの授業料はプレゼント)

定員(# of studnets)   2~6名様

連絡先 contact@mayu-kitchen.com  /Mayu’s Kitchen in Paris:  http://mayu-kitchen.com/

  • ①ご氏名、②電話番号, ③希望日を記入の上ご連絡ください。ご連絡頂きました方には、お申込み~当日のレッスンまでの流れの詳細をご案内いたします。*お申込みメールを頂いてから48時間以内に、返信させていただきます。 もし、返信のない場合は、トラブルの可能性がありますので恐れ入りますが再度、ご連絡ください。

    <キャンセルポリシー> キャンセル料:3日前までのキャンセルの場合、日程変更場合はキャンセル料は発生しません。2日前〜当日のキャンセルの場合、100%をキャンセル料として頂戴いたします。大変心苦しいお願いですが、どうぞよろしくご理解くださいますようお願いします。

     

みんなで楽しく会食!女子会トーク絶好調❤️

子供のバースデーパーティー: みんなで巻き巻きレッスン!

o0480036013493494907

<7月前菜例> 

*メニューはオーガニック農家直送野菜で毎回必ず変わりますので、採りたて旬の野菜の使い方、シーズンに合わせてたフランスの食文化や料理の調理法、盛り付け方等が学べます。同月に複数回ご参加されてもメニューが重なる事はありません。

  • 生ハムとメロンのフィンガーフード
  • 手作りガスパチョ、野菜のブルのワーズ
  • イチジクのブルスケッタ/タルトレット
  • お花畑のケークサレ ( Cake Sale for spring )
  • オーガニック農家直送やさいのスープ(ヴェルーテ)  (Seasonal vege soup &  presentation)

<7月メイン例>

  • ブイヤベース
  • お魚のプロヴァンス風またはお魚のパピヨット
  • 夏野菜の南仏風ファルシ
  • 鶏のバスク風煮込みとオリーブごはん
  • ピサラディエール 南仏プロヴァンス風
  • サクランボのソースと鴨の焼き方

<7月デザート例>

  • エスコフィエのチェリージュブリー
  • 基本のクランブル、ルーバーブ、夏のフルーツ
  • もも、サクランボや夏フルーツのクラフティ
  • ピンクのキラキラゼリーと赤のフルーツ
  • 基本のカスタードクリーム、いちごや季節のフルーツでミルフィーユやトライフル

1-DSCN7476

  • 食材の入荷によりメニューが変更になる場合はご了承ください。また参加者のアレルギーには対応しておりますため、メニューのご指定はご遠慮願います。なお、メニュー指定の場合はプライベートクラスとなりますので4名以上でお申し込みの上ご相談ください。Email: contact@mayu-kitchen.com
  • ①ご氏名、②電話番号, ③希望日を記入の上ご連絡ください。ご連絡頂きました方には、お申込み~当日のレッスンまでの流れの詳細をご案内いたします。*お申込みメールを頂いてから48時間以内に、返信させていただきます。 もし、返信のない場合は、トラブルの可能性がありますので恐れ入りますが再度、ご連絡ください。
  • <キャンセルポリシー> キャンセル料:3日前までのキャンセルの場合、日程変更場合はキャンセル料は発生しません。2日前〜当日のキャンセルの場合、100%をキャンセル料として頂戴いたします。大変心苦しいお願いですが、どうぞよろしくご理解くださいますようお願いします。
  • 出張料理、海外からお客様があつまるパーティー、子供のバースデー中の特別プレゼントで簡単なレッスンをご希望の方、ご相談ください。ご連絡をお待ちしております。

Mayu’s Kitchen in Paris:  http://mayu-kitchen.com/

保存

58日前

My favorite afternoon tea in HK  オススメ!香港アフタヌーンティー

HK, as you may know, is the old British territory, so, we can enjoy excellent afternoon tea in the nice hotels.

香港は言わずと知られた旧英国領地。っということはエリザベス女王を連想するようなイギリス風なものがいっぱい!そこで、飲茶に飽きたら、オススメはアフタヌーンティー。

HongKong est, peut-être savez-vous que  l’ancien territoire britannique, nous pouvons donc profiter d’un excellent «Le thé en après-midi» dans les jollies hôtels.

The most famous ones may be “The lobby” at Peninsula hotel, or perhaps the Ritz carton, Four-seasons, & Mandarin Oriental…  Here is my favourite. “The Verandah” in Repulse bay. Why? It is because I like the very classic afternoon tea in all meaning; not only the food, but also the atmosphere of the restaurant.

観光客に有名なのは、多分、ペニンシュラホテルの「ザ・ロビー」そして、リッツカールトン、フォーシーズン、名だたるラグジュアリーホテルのアフタヌーンティーは香港のせかせか、ごちゃごちゃから解放されて時間もご馳走な超リラックスムード 。 そんでもって、私のオススメは香港住民の避暑地的なレパルスベイにある「ベランダ Verandah]というレストラン。ここは昔から欧米人たちの避暑地、週末の憩いの場。そして、ここのアフタヌーンティーはクラッシックなのだ!

Les plus célèbres peuvent être «Le lobby» de l’hôtel Peninsula, ou peut-être le carton Ritz, FourSeasons, et Mandarin Oriental …Voici mon préféré. “The Verandah” dans la baie Repulse. Pourquoi? C’est parce que j’aime le très classique après-midi à tous les sens; Non seulement la nourriture, mais aussi l’atmosphère du restaurant.

The freshly baked scones come with clotted cream & jam. It is actually my favorite.  English style, cookies like scone. Nothing like starbucks’ scone (LoL!)

まずはスコーン!焼きたてのスコーンが真っ白なナプキンに包まれて登場。ほかほか、サクサクのスコーンに生クリームの濃厚版コテッドクリームとジャムをたっぷりつけていただきます。

Les scones fraîchement cuits accompagnent La crème caillée et la confiture.  En fait, c’est mon préféré. Le style anglais, et rien comme le scone de Starbucks (LoL!)

Then, comes 3 trays of savories and sweets. It may not be the best creative small-bites, but I like the grand classic! The cucumber sandwiches, smoked salmon & dills, egg & mayo, instead of sushi and mini-burgers 🙂

そして3段のスイーツやひとくちサイズの軽食。ヴェランダのアフタヌーンティーは、流行の先端を行くような、クリエイティブはものではありませんが、丁寧に作られてておいし〜。

Ensuite,  3 plateaux de saveurs et de bonbons et gateaux. Peut-être, ce ne sont pas les meilleures et créatives, mais j’aime beaucoup le grand classique! Les sandwiches au concombre, le saumon fumé et l’anette, les oeufs et la mayonnaise, au lieu de sushi et de mini-hamburgers 🙂

The verandah is in a historical building, located in front of Repulse bay. The colonial style balconies with tall ceiling, wooden fans, large windows, palm trees in Chinese ceramic pots, orchids flowers on the tables… I could imagine that all of these items helped English relaxed & reminded them of their home in old days.

レパルスベイの真正面の歴史的建造物の中にある、「ベランダ」。コロニアル様式のバルコニー、高い天井、大きな窓、南国風の植木、青地の中国の陶器。 こんな調度品は一体何世代のイギリス人、欧米人を癒してきたんだろう。祖国を思い浮かべながら、きっとアフタヌーンティーを楽しんだんだろうな。

La véranda se trouve dans un bâtiment historique, situé en face de la baie de Repulse. Les balcons de style colonial avec un grand plafond, des ventilateurs en bois, de grandes fenêtres, des palmiers dans des pots en céramique chinois, des fleurs d’orchidées sur les tables … Je pourrais imaginer que tous ces articles ont aidé l’anglais à se détendre et leur ont rappelé leur maison dans les temps anciens,

It nice to feel the history while you enjoy the beautiful moment of relaxation.

歴史を感じながら、お茶をする時間、とっても優雅〜 でプチセレブが味わえますよ。

C’est tres sympa de ressentir l’histoire alors que vous appréciez le magnifique moment de détente.

中はこんな感じ。

The Verandah

109 Repulse Bay Road, Hong Kong
+852 2292 2822 verandah@therepulsebay.com

https://www.therepulsebay.com/en/dining/verandah/

 

 

保存

保存

保存

61日前

Wonder Food: Stinky King Durians 不思議な食材:王様ドリアン

The stinkiest fruit in the world — “Durian”!

世界一臭い「王様のフルーツ」、ドリアンのシーズンが到来!

Le fruit le plus puissant au monde – “Durian”!

Durian is called the King of fruits, native to Brunei, Indonesia and Malaysia. The season for durians is typically from June to August, coinciding with that of the mangosteen( the queen of fruits!) .

「果実の王様」「悪魔の果物」「禁断の果物」…いろんな名前がありますが、王様にふわさしく、このフルーツを一言で言えば ”強烈” 。原産地はマレーシア・インドネシア(ボルネオ島)で、今でも東南アジアにしかない希少で不思議な果物で旬は6〜8月。果実の女王と言われるマンゴスティンも王様と同じ時が旬なんですって。

Durian s’appelle le roi des fruits, originaire du Brunei, de l’Indonésie et de la Malaisie. La saison des durians est typiquement de juin à août, coïncidant avec celle du mangoustan (la reine des fruits!).

 

The name “durian” is derived from the Malay-Indonesian languages word for duri or “spike”, a reference to the numerous spike protuberances of the fruit. However, the inside is nice custard cream colour. Some people say, mixed combinaton of savory, sweet, and creamy. A good durian is the richest, smoothest, perfect cream, intricately bound flavors that with each bite you still need more and more.  Have I tried?   Well.. Not yet.  I cannot stand the  strong odour, of the king!

ドリアンの ”ドリ”とは マレー語で「トゲ」。その名の通り、硬いゴツゴツのトゲで覆われ、手袋をしないと触られない。でも、外見からは全く想像できないほど、中身はクリーミーでデリケート。クリームチーズや濃厚クリームのように一瞬のうちにふわっと口の中に広がるらしい。 しか〜し、“王様ならではの強烈な体臭”に耐えられず、食べず嫌いの人も多いのでは。私もその一人。。。

 Le nom “durian” est dérivé du mot de langue malais-indonésien pour duri ou “spike”, une référence aux nombreuses protubérances de pointe du fruit. Cependant, l’intérieur est une belle couleur crème pâtissière. Certaines personnes disent, mélange combiné de savoureux, sucré et crémeux. Un bon durian est la crème la plus riche, la plus douce, la crème parfaite, les liens étroitement liés, à chaque morsure, vous avez encore besoin de plus en plus.  Alors… Ai-je essayé? Pas encore. Je ne supporte pas la forte odeur du roi!

The best moment to eat is the fruit releases the horrifyingly odorous. (some Durians lovers says “deep appreciation”)

だって、食べごろは、この強烈極まりない、腐った玉ねぎの匂いが出てきたら食べ頃なんだもの!これがあるスーパーの食品売り場も臭くなる。。。

Le meilleur moment pour manger est que le fruit libère l’horriblement odorant. (Certains amants de Durians disent “une profonde appréciation”)

The persistence of its odour, which may linger for several days, has led to the fruit’s banishment from certain hotels and public transportation in Southeast Asia.   Well, for challengers, to eat Durians is one of discovery of new sensation worth a voyage to the East to experience

ちなみに、ドリアンの果実はその強烈な匂いため、飛行機内への持込みが禁止。公共の建物やホテルも、持ち込み禁止にしている所が多いし「ドリアン持ち込み禁止」の警告が貼られている!。現地で買って食べる際には要注意。日本に持ち込みはできません!東南アジアに行ってみたい! 体験してみたい!! というチャレンジャーにはオススメってとこです。

La persistance de son odeur, qui peut durer plusieurs jours, a conduit à l’éradication du fruit de certains hôtels et transports publics en Asie du Sud-Est. Pour les challengers, manger des Durians est l’un des découvertes d’une nouvelle sensation qui valait le voyage vers l’Est pour faire l’expérience.

 

 

 

保存

Mayu's Kitchen Oishi Paris Life  まゆ’sキッチンおいしいパリ

作者:Mayu's Kitchen

Mayu's Kitchen Oishi Paris Life  まゆ’sキッチンおいしいパリ

Mayu's Kitchen Oishi Paris Life  まゆ’sキッチンおいしいパリ。フランス、コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理・パリ生活の家庭料理のエピソード紹介中

7日 510 総合 1559 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Mayu's Kitchenさん新着記事



過去記事

Mayu's Kitchenさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 フランス美食村
2位 フランス落書き帳
3位 Ncpfrance
4位 グルメらくがき帖(フランス発信)
5位 パリ6区サンジェルマン村
6位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
7位 パリの保険屋さん
8位 Ma petite Brocante


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録