ようこそジモモパリへ!

  赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』

リストに戻る

1年以上
昨日、またひとつ歳をとりました。
今も続く冒険の始まりは、ちょうど30歳の誕生日の3日後でした。
気づけばあそこから、もう9年も経ってしまったのです。

1年後には不惑と呼ばれる四十歳。
ようやく少しずつ、惑わなくなってきたこの頃、
昔の不安定だったころの自分を思い出しては、年を取るのも悪くないとつくづく思います。
満足のいく30代を送れていることを誇りに思い、またその幸せに感謝しています。

ところで、こんな歳になっても表向きは大学生。
そして相変わらず見た目も若く・・・
これは御年90近くにして70そこそこにしか見えない母方のご先祖女子たちの若さにつけても、
間違いなく遺伝子に組み込まれたものだと思いますが、ありがたいといえばありがたい。
でも、この実年齢と不釣り合いな入れ物は、ときに人生を不都合なものにするのです。

特に年若い日本人のと付き合うときにストレスに嫌気マックス。
なんというか、リスペクトされないのです。
第一に見た目が若いから同年代だと思われる。
なのに、女が若いことがもてはやされる日本人にとっては内実シジューが近い女なんて「おばさん」であり、
やっぱり「おばさん」には幾分侮蔑的な気持ちがこもることは否めません。

別に、崇め奉れと言っているのではないのですが、
人ととして年相応の対等感とリスペクトは、わたしにとっては人付き合いのキーワード。
ここがうまくいかないジレンマは結構致命的なのです。

ところがこの夏、このストレスマックスのわたしの前に神が降りてきた。
以下、神のお告げです。

「あえてオバチャンになりなさい」

歳を重ね、少しずつ落ち着いて、意地悪でも高飛車でもなく、
それでもものをはっきり言えるようになるということ、それだけのベースを持つことこそ、
歳をとることの美徳だと気づいたのです。
それをするには、いつまでも無駄に控えめな若者ではイケナイ。
若者が無駄にはっきりものをいうというのは生意気でしかないのです。

でもわたし、年寄じゃないけど、もう若者でもないんですもの。
ええ、精神的にはいつも闘いを挑み続けるそういう若いものはもっていますけれども、
それなりにいろんなことやってきてます。嘴はもう黄色くないんです。

それでね、いろんな言いたいことを言っても、当たり障りないのがオバチャンキャラだなって。
すこしずっこけたぐらいのオバチャンは、若者から笑いながらも自分とは別次元のものとして受け入れられる。

日本人特有の「うち」「そと」の感覚だとおもうけど、
「うち」のものはみんな均質じゃないといけなくて、
異質のものは排除しようとする(いじめの法則)。
けれど、「そと」のものになってしまえば、建前でお付き合いが効くから、
異質なものも表層的には受容できる。

「日本人の学生同士」とかのくくりで「うち」にいるのに、
なんだかちょっと知ったかぶったことを言ったり経験のありそうな異物に見えるわたしを、
あえて自分自身で「オバチャン」にして、彼らにのっての「そと」に出すことで、
建前で付き合う人間関係になる。
ちょっとぐらい気に入らなくたって、変な人に見えたって、「オバチャンだからしかたないよねー」で済む。

いいか悪いかわかりませんが、内弁慶で、人に避難されることがまだ怖い私にとって、
堂々とものをいうには、このオバチャンという手段がいちばん。
今更オバチャンに変身したところで手遅れなシガラミまみれなところもあるのですが、
そこはしょうがないから放っておいて、
すでにあるところではばっちり功を奏しているので、これはいけると思われます。

全国のみなさーん、若いのもいいですけどね、
オバチャンも捨てたもんじゃありませんよー。

おわり。




何ですか!フランスでは「若い女性」って50歳までのことを言います。それを69歳までにしろという人達まで居るというのに、ションベン臭いガキぶって喜ぶなんて!!

それに日本人の謙遜の美徳など薬にしたくても無いフランス人の中では「口幅ったい」とか「知ったかぶり」というボキャブラリーは存在せず、堂々と自分の主張をしないヒトは白痴扱い。

若い日本のオジョーサン達に教えてあげるのは義務ではないかしら?異文化というのは「異なる」ものなのだと。

返事 :

コメント

  赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』

作者:マダムぱぷりか

  赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』

2010年 やっと人並みの人生諦められました記念
マダムぱぷりか パリでの超我流人生謳歌の記録          ~フランスに留学する人を応援しています♪~

7日 2373 総合 1626 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



マダムぱぷりかさん新着記事



過去記事

マダムぱぷりかさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 グルメらくがき帖(フランス発信)
3位 パリ6区サンジェルマン村
4位 フランス落書き帳
5位 フランス美食村
6位 パリの保険屋さん
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 Ma petite Brocante


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録