ようこそジモモパリへ!

Ma petite Brocante

リストに戻る

43日前
サン・ファルジョーから一時間弱、オクセールに到着。
日本のガイドブックなどには「オーセール」と書いてあるけど、夫に聞いたら「オクセール」と発音するんじゃないか?ということだったので、オクセールと書くことにします。



auxerre4.jpg

サン・テティエンヌ大聖堂の目の前に車を停めて散策開始。

11世紀のロマネスク建築だったけど、1215年に壊れ、13世紀から16世紀にゴシックに再建された。

向かって左側の北塔の高さは68メートル。(パリのノートルダム寺院のは69メートル)
南塔は建設されず。




auxerre17.jpg

Cathédrale Saint-Étienne d'Auxerre
Place Saint-Étienne
89000 Auxerre





auxerre2.jpg

正面入り口の中央扉のタンパン(建物入り口上のアーチ状の壁面)のアーキヴォルト(archivolt アーチに沿って付けられた装飾)。
13世紀の彫刻が素晴らしいのですが、人物像の首はほとんどもぎ取られています、16世紀の宗教戦争での被害らしい。





auxerre3.jpg

怪物だか犬だかが人を飲み込もうとしているのがなんだかユーモラス。





auxerre1.jpg

13世紀のバラ窓も、他のステンドグラスも素晴らしかった。





auxerre.jpg

柱頭には様々な人物や怪物の顔。
うっすらとフレスコ画も残っています。





auxerre23.jpg

ジャンヌ・ダルク像。
1429年2月27日日曜日、シノンに行く途中この大聖堂に寄ったと書かれています。




auxerre5.jpg

大聖堂前の通りにあるアンティーク屋。
店内を見たかったけど、お昼過ぎに到着したので昼休みで閉まっていました。

でも店の前には売り物の椅子とか出しっぱなし・・・。





auxerre6.jpg

木組みの家に囲まれた15世紀の時計塔。
ルーアンみたいな街並みです。




auxerre8.jpg

時計塔を反対側から見ると、オクセール生まれの文学者、フランス革命前後に執筆したレチフ・ドゥ・ラ・ブルトンヌ(1734-1806)の像があります。

読んだこともなければ、名前さえ知らなかった。





auxerre18.jpg

地面に埋め込まれた観光案内の標識、軍服姿の「CADET ROUSSEL」のデッサン。
三角の先端に沿って進むと、歴史的建造物などに辿り着く。

カデ・ルセルはオクセールに実在した人物で、詩人・白髪のガスパールが1792年に作詞した「末っ子ルセル」という歌の主人公。

このブロンズの三角の標識、観光案内所で32,40ユーロで販売中。





auxerre19.jpg

カデ・ルセルの像。
像のたもとには犬などの動物も。
多分歌の中に出てくるんでしょうか。
歌もこの人物も知らなかったけど、前もって調べておけばもっと興味を持って観光できたのに。

オクセールの街歩き、まだ続きます。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

コメント

Ma petite Brocante

作者:Mica

Ma petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、ブロカントで見つけたキッチン用品を使用した美味しいものを紹介

7日 1436 総合 3448 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Micaさん新着記事



過去記事

Micaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 フランス落書き帳
3位 パリ6区サンジェルマン村
4位 グルメらくがき帖(フランス発信)
5位 フランス美食村
6位 パリの保険屋さん
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 アフリカ コーディネーター テレビ番組の取材や撮影コーディネーション


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録