ようこそジモモパリへ!

Ma petite Brocante

リストに戻る

120日前

 
ロワール河沿いに建つシュリー・シュル・ロワール城へ。





sully sur loire

水を湛えた堀に建てられていてとっても優美な印象。





sully sur loire26

11世紀には既に城は建っていて、1602年にアンリ4世の宰相であったマクシミリアン・ド・ベチュヌ ( Maximilien de Béthune 1559-1641 ) が領主権を買い取ります。
1606年に公爵の称号を受け、領地の名前からシュリー公となり、以降4世紀に渡り歴代のシュリー公の居城として使われていた。

1928年に歴史的建造物に指定、1962年に所有者がシュリー公からロワレ県に移り、修復工事が行われ一般公開されるようになりました。






sully sur loire28

街の中心部にある病院の中庭に建つマクシミリアン・ド・ベチュヌの彫像。






sully sur loire1
Grande salle basse

シュリー公の彫像に、14世紀後半の大きな暖炉がある大広間は、かまどがある台所とつながっていて、給仕人や料理人の仕事場として使われていた。






sully sur loire3
Salle de l'assommoir

シュリー公の執務室。






sully sur loire2

外観のイメージから、内部には幅の広い優美な階段があるかと思いきや、中世の要塞として建てられた城なので、一人が通れるだけの小さな石の螺旋階段ばかりを登ったり降りたりして次の間へ移動。

ドレスを着た17世紀以降のご婦人方はたいそう歩きにくかったんじゃないかと思う。





sully sur loire4
Salle d'Honneur

歴代のシュリー公や家族の肖像画がずらりと飾られているのは300㎡もある大きな広間。






sully sur loire5
Chambre du roi

鮮やかなブルーの豪華な天蓋ベッドの寝室はアンリ4世の為にしつらえられた、が、アンリ4世は一度もこの城を訪れることはなかったそうだ。

1652年3月、フロンドの乱の際にアンリ4世の孫ルイ14世が2日間滞在。






sully sur loire6

宰相はアンリ4世の肖像画まで飾って準備万端だったのに。




sully sur loire9
Chambre de Psyché

「プシケの寝室」と呼ばれるシュリー公爵夫人の寝室。
木工細工や装飾、金箔、床は2007年に18世紀の居室を連想して修復。

ギリシャ神話のプシケの物語のタペストリーは17世紀はじめのもの。

真っ赤な寝台に、椅子にはドレスも置かれ、調度品もため息もの。
「プリンセスのお部屋」と興奮する娘を次の部屋に移動させるのが難しかった。
ヴェルサイユ宮殿に連れて行ったら1日動中かないかもしれない。






sully sur loire10

寝台や家具、調度品は18世紀のもの。





sully sur loire7
Chemin de ronde

塔と天守閣を繋ぐ細い通路。
弓矢を引く為の「矢狭間」がある。





sully sur loire8
Charpente

屋根裏。
建物の骨組みまで見れて面白い。
材木の3/4が15世紀の栗の木のオリジナルというとても良い保存状態。

Chateâu de Sully sur Loire
Chemin de la Salle verte
45600 Sully-sur-Loire

長くなりそうなので次回も城の続きです。

読んで頂いてありがとうございます。
1日1回のクリックがランキングに反映されます。
    ↓               ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村  ジモモ パリ

コメント

Ma petite Brocante

作者:Mica

Ma petite Brocante

フランスのブロカントで訪れた街、ブロカントで見つけたお気に入り、ブロカントで見つけたキッチン用品を使用した美味しいものを紹介

7日 1022 総合 3526 いいね

↑投票してね!

人気投票ボタン配置はこちらから



Micaさん新着記事



過去記事

Micaさんへの新着コメント




パリブログ・Facebookページ人気ランキング

1位 Ncpfrance
2位 フランス落書き帳
3位 パリ6区サンジェルマン村
4位 フランス美食村
5位 グルメらくがき帖(フランス発信)
6位 パリの保険屋さん
7位   赤ぱぷりかの『そうだ、ハカセになろう』
8位 ソプラノ歌手のブログ


あなたのブログ・Facebookページをもっと多くの人に読んでもらいませんか?パリでのブログ・Facebookページをお持ちの方は是非ご登録下さい。

ブログ・Facebookページ登録